2008.6.潮来

朝イチで目指したのはエセハチポイント。最下流の石積堤周り。
クルマを止め、湖岸に出てみると、心地よい風、多数のベイト、いかにも釣れそうな雰囲気だ。
いつも先回りばかりしている腹黒い男をギャフンと言わせてやるぜ!

しかし、実際に釣り始めてみると、全くアタリがない。前に来た時よりも減水していて、あまりに浅くなったので、バスは移動してしまったようだ。少し先の鉄板やアシ周りも反応がない。

そこで、砂浜周りのシャローを見切り、護岸沿いの、少し水深のある場所に狙いを変えてみた。水深があると言っても4、50センチだが…

すると、表層を走るハーフスピンに次々とバスが襲い掛かってくるようになった。

「フィッシュ! フィッシュ!」
ズガンとバイトしたあと、ギュギューンと突っ走る。サイズはどれもレギュラークラスだが、コンディションがいいのか、メチャメチャに引きまくる。楽しい釣りになった。

エセハチを上流へと釣り進む。
ヒサシも、トモも、nnn男爵もまだ来ていない。腹黒い先回り戦略が奏功したようだ。
護岸を撃ちながら聖人ポイント(一部に極悪ポイントと呼ぶ輩がいるらしい)まで探り歩いた。
「フィッシュ!」
また、出た。引ったくるような凄いアタックで。
これで都合7匹である。
他人よりも先にルアーをポイントに送り込む。これがバスフィッシングの最大のコツだ! こうして高活性のバスが次々とアタックしてくる。コイツ等が釣られた後で、同じ場所で食わせるには、nnn男爵並みのテクニックが必要になる。そんなワームテクを習得するのは大変だから、こうした先回り戦略ばかりしているのサ。

と…、ピピピピピピ…
携帯が鳴り始めた。セットしていたアラームの音。終了の時間だ。
時刻を見る。
2008年6月27日(金)午前6時ジャスト。
フハハハ。約24時間の先回り。腹黒い男もギャフンと言っているだろう。

さて、出勤するか。
2008年の釣り一覧へ  トップへ
ヒットルアー
ティムコ ハーフスピン3/8oz WT スーパーシャート 30Up エセハチ下流 ぱおん
ティムコ ハーフスピン3/8oz WT スーパーシャート 30Up エセハチ下流 ぱおん
ティムコ ハーフスピン3/8oz WT スーパーシャート 30Up エセハチ ぱおん
ティムコ ハーフスピン3/8oz HB インパクトシャート 30Up エセハチ上流 ぱおん
ティムコ ハーフスピン3/8oz T ホワイトシャッドクリスタル 30Up 麻生上流 ぱおん
ティムコ ハーフスピン3/8oz T シャートホワイト 30Up 麻生上流 ぱおん
ティムコ ハーフスピン3/8oz T シャートホワイト 30Up 聖人ポイント ぱおん
inserted by FC2 system