2008.6.28.潮来

バイブレーションポイントの夜明け。他の連中の裏をかき、今日はここからスタートだ。
朝マズメのバイブレーションポイント。
今日は、ここから北利根を釣り上がり、土管島から和田、西の州、古渡へと進む予定だ。エセハチ方面は昨日やっちゃったから、今日はパス。釣れるのは間違いないから、腹黒い男等に頑張ってもらおう。

バイブレーションポイントは護岸工事のために、かつての面影はない。岸際にネットに包まれた瓦礫が沈められて、以前のポイントは潰れてしまったからだ。しかし、下流方向に行くと、アシが残っているはずなので、今日はそこを狙ってみようと思ったのである。たまには新規ポイントの開拓もしないとね。

クレイジークローラーを撃ちながら進んでいくが、水が悪い。まるでターンオーバーしたみたいに泡だらけで、水面に変な膜が張っている。それでも時々クレイジーに反応があるが、まったく乗らない。
角を曲がり、ズンズンと先に進む。進めば進むほど、反応は無くなっていった。ダメだ、こりゃ。

やがてアシが見えてきた。あのアシの周りなら…。そんな期待も裏切られた。
アシの前にも瓦礫が沈めてある。これじゃ、ポイントとしては、アシが無い場所と変わりがないじゃない。
なんだこの水? 今年はこんな水になってることが多々あるけれど、原因は何? 護岸を新しくした時に、産廃になる瓦礫を再利用して沈めているようだけど、ネットに包まれているのでルアーで攻められない。根掛りしちゃうから。このネット、恐ろしく腐食に強い。ネットが無ければ釣りやすいんだけど仕方ないか。
しかし、少し先で瓦礫が終わっていた。とりあえず、そこまで行ってみる。瓦礫とアシの境目で、付近で一番変化に富んでいると思われるからだ。

アシ際にハーフスピンを通してみる。バシッ!
「フィッシュ!」
予想通り。サイズはたいしたことないが、パラッと一本倒れているアシの陰から飛び出してきた。いい感じだ。
気分を良くして、周辺のアシ際を攻めて2匹追加。アシと石が絡む所にバスは着いていた。

さらに先を攻めようと思ったが、フローターの準備をしているバサーを発見、遠慮して引き返すことにした。
ゴン、ゴン、ゴンとゲット。小さいけれど連発すると楽しい。霞水系も一時期よりは復調してきた感じだ。攻め方、タイミングなどが当たれば結構釣れます。他人があまりやらないエリアを開拓に行こうかな。以前釣れなかった場所でも、今は釣れるようになっているポイントもあるかもしれないゾ。
帰りは逮捕状で。
瓦礫に囲まれて、プールみたいになっている場所でズガンと1匹。
続いて瓦礫のネットに逮捕状が根掛り、怖くなってハーフスピンにチェンジ。瓦礫の終わる所でガツンと1匹。
瓦礫が無くなったので逮捕状に戻してテクトロ、角を曲がった所でズガンと1匹。

いつもの場所まで戻ってみると、すでにバサーが入っていたので、バイブレーションポイントはここで終了、予定に従って、北利根のアシから順に撃っていくことに。

ところが、思いの他バサーが多く、めぼしいポイントには先行者が立っている。オラーポイント辺りまで、ほとんど攻める場所がなかった。
続きへ  2008年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system