2008.7.19.潮来

ドラッグストアなのでパンが買えなくて当たり前です。
○もう終わってる……
何とか今日中に藤代に着いた……11時57分に駅に着いたら、12時まで営業のパン屋の前には運送トラックが張り付いていて、客を迎えるふうではなかった。……パンが買えないじゃないか! しかたなく自販機(電源は入っていた)で飲み物を買い隊長宅に向かった。
会社を出たのが20時10分。それから家に戻り、食事・準備をして来るんだからこんな時間になる。これるだけでもいいよね。
夜明けにポイントに着くためとっとと仮眠だぁ おやすみなさいzzz〜

○リハビリは必要だ……な。
ううううううううううう……………… 2時30分起床……ステアリングを握ってポイントに向う。 何処へって? リハビリ者には大きな期待の場所、極悪・聖人ポイントですよ。途中でセブンによってパンを仕入れる。昨日買えなかったからね。
潮来に着くなりコンビニへ。買い物を始めた仁、時間がかかる、かかる。後から来た客が出て行って、やっと帰ってきたと思ったら、再び店の中へ。今度はトイレにこもって出てこない。そうこうしている内にトモや男爵に先行を許してしまった。
仁、基本がなっていない。
走り出すとすぐ、エセハチ方向に凄い勢いで向う2台の車がある。 おっ、トモさんと男爵だ! 2台はまだ暗いエセハチに向っていった。
さて、上流に向かいポイントに到着。さっそくパンにかじりついた。空にはまだ満月がさながら夕日のように浮かんでいる。

隊長はさっさと釣りに向う。 よし、行くど! 前回は入れなかった石積みに行きたかったんだよなぁ……
今回はニューハーフスピンを結んでいる。ハイピッチャーばかりでもねェ…… 爆発してもらいたいもんだ。
石積みのエッジや葦の際などに打ち込んで行く。久々のハーフスピンの出撃なので、いつバイトが来ても即応出来るように集中力を高める………… 異常ありません……うむむ……なぜだ? 岸に戻って攻めるも………異常ありません…… やはり隊長が言っていたようにここは上手い人しか釣れないのか? リハビリ者には厳しすぎるポイントだ。
そのころ隊長は……

月の光が湖面を照らす。幻想的。しかし、この分では、日が昇ったら暑くなりそうだ。
仁の希望で聖人ポイントにやってきた。
微風でさざ波が立ち、釣れそうな雰囲気。月も綺麗だ。そろそろ夜が明ける。
まずはタイニークレイジークローラーをチョイス。シャローのゴロタ石周りには活性の高いバスが上がっているはず。それをトップで引きずり出すのだ。
ボシュッ! ボシュッ!
バイトが連発。しかし、乗らない。ルアーの後ろ側に飛び出してくる感じで、ルアー自体にぶつかってこない。追い切れていないのか? スピードを落としていっても食い切れず、やがてバイトが遠のいていった。

やむをえない。スピナーベイトにチェンジ。薄ら明るくなってきた程度の光量なので、カラーブレードのスーパーシャートを結び、水面直下を泳がせていく。というか、水深が30センチほどなので、水面直下しか引けないのです。ブブン!
「よし、フィッシュ! あっ…」
バレた。針掛りが浅かったか。続けてヒットしたがこれも逃げられてしまった。スピナーベイトでも追い切れないのか。
トップには食い切れなかったバスも、スピナーベイトにはゴツン! 攻め方を変えてみるのも必要でした。
仁がどこかに行ってしまって、帰って来ないのでテキサスリグで時間潰し。ゆっくりと一帯を探ってみるが反応無し。まだ仁は戻ってこない。
上流へ進み、アシをハーフスピンで撃つ。シャートホワイトだ。ゴゴン!
「フィッシュ!」
一番手前のアシから飛び出したのはレギュラーサイズ。続けてもう一匹。居る所にはかたまって居るようだ。やはり本湖の調子は悪くない。むしろ良い。

まだ仁が帰って来ない。
いったん車に戻って、上流へと進み、霞ヶ浦大橋近辺まで偵察して、また戻ってみた。仁は帰って来ない。何やってんだ? チッ、下流へ探しに行ってみるか。 (ぱおん 談)
続きへ  2008年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system