2008.8.23.潮来

暗い内ならトップで釣れるかと思ったのに、逮捕状でした。
暗い内に一匹を手にした。聖人ポイント。トップからスピナーベイト、テキサスリグまで投入したが反応がなく、最後に逮捕状を投げると釣れたのだ。
今日は取締りを強化すべきだろう。

明るくなり、スピナーベイトをカラーブレードのタイプからいつものタンデムにチェンジして、もう一度探りを入れていく。でも、やっぱり出ない。
逮捕状を同じ所に投げてみる。ズガン!
「フィッシュ!」
釣れるじゃないですか! バスはレギュラーサイズだが、ファイトは強烈。危うく鉄柱に巻かれそうになったぜ。キャッチした時には、20ポンドラインがボロボロになってました。

さて、これはラトル音が効いているのか?、それとも逮捕状でなければ釣れないのか? その点を確かめておく必要があるな。スナップポイントに移動してチェックしてみよう。

スナップポイントは、聖人ポイントの少し下流にある。実は真っ暗い時間に立ち寄っていたのだが、ちょっとバズを流して、反応がないのを見て、聖人ポイントに回っていたのだ。明るくなってから再度入り直すつもりで。
今度はスピナーベイトから順にルアーをローテーションさせ、じっくりと狙ってみよう。
ハーフスピン、ビッグオー、カリブラファイン、モデルAと投げてみる。何も起こらない。最後は逮捕状で取り締まり。今まで何度もルアーが通った後だから、あまり期待はしていなかったが、表層を走る逮捕状がズバンと引ったくられた。
「フィッシュ!」
決まりだ。今日は逮捕状が効く。これから回るポイントでも、最初は他のルアーを投げたとしても、逮捕状は必ず試さないといけないな。レギュラーサイズ。いい感じだ。
カバーの中じゃなくて、外側の水通しが良い場所でズガンと食ってきた。 聖人ポイント。捨て網やオダが沢山沈んでいる。 スナップポイントで。増水時はシャローがチャンスだね。
スナップポイントを後にし、エセハチ方面へと下っていく。麻生の干拓テトラを走っていると、前方から禍々しい瘴気をまとったクルマが現れた。腹黒カーに乗るヒサシである。
「これからどこに行くんですか!」
ヒサシが訊いてくる。本当はエセハチに行こうと思っていたのだが、腹黒い男が今攻めてきたというので、これから行っても仕方ないだろう。
「き、き、北浦の黒一へ行こうかと…」
そんな所に行く気はなかったが、ついそう口にしてしまった。すると、腹黒い男が憑いて来るというのだ。もう行くしかない。
続きへ  2008年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system