2008.8.30.潮来

バズでのヒットは今シーズン初
クルマは神社横に滑り込んだ。今日は横利根川から攻め始める。
前日までの大雨の影響で、霞本湖は大増水しているらしい。そういった時、あまりいい思いをした記憶がない。霞のバスは増減水に慣れていないのか、水位の変動があると、妙に渋くなってしまうのだ。
こんな時は、与田浦、横利根である。ポンプで水位調整をしているから、いつもと変わらぬ釣りができる。そこでボーズを免れておいて、本湖のバスに挑戦しようという戦略である。

ハーフスピンを付けてシャローのゴロタ石周りを流していくが、全く反応がない。風もなく、水も汚く、どよ〜んとした雰囲気で、スピナーベイトって感じじゃなさそうだ。バズにチェンジしてみよう。
ハーフバズに替えて、沖から丹念に探りを入れていくと、足元で、ピックアップしようとした時にピチャッときた。そのままグイッと持ち上げると、レギュラーサイズのバスが付いていた。
むむ〜ん。せっかくのバズの魚なのに、全然面白くない釣れ方だったな〜。
ギリギリ20センチ…
ブッシュの近くには浅くなっている所がある。何が沈んでいるのか…

一通りバズを通した後、逮捕状で取締りをしておく。ブブン!
「フィッシュ!」
20センチ程の小バスだったが、さっきよりも少しはマシ。「釣れた」というよりも「釣った」感じがちょっとだけあるから。でもイマイチ。

少し歩いて、水路の出口の辺りを探ってみる。この辺りは、ベイトが集まっているせいか、バスのボイルなども多いエリアなのだ。
逮捕状を岸際にキャストし、底まで沈めてから、ジャッ、ジャッと煽ってみる。ボトムバンピングの感じ。と、ゴゴンときた。
「フィッシュ! …あっ!?」
グググッと引きが来たと思ったら、プンと外れた。でも小さいバスのようだったな。フォローを入れておくか。
テキサスリグにバグアンツをリグって投げ込む。ラインを引き出して、底まで落とす。スゥーッと沈み、糸がふける。意外と浅いな。ん? 動いてる? 沖に走っているよ。
「食ってる。食ってる」
慌ててラインを巻き、糸ふけを取り、ズバンとアワセる。スポーン!
「うわーお、スッポ抜けたァーっ」

続きへ  2008年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system