2008.10.18.潮来

ハス畑のシャローを狙ってみたけどノーバイト。生命感がないんだよな〜。
このところ厳しい状況が続いている。利根川も、霞本湖も、原因は違えど、あまりいい釣りが出来ていない。
そこで、今回はエリアを大きく変えて、東浦の恋瀬川周辺から始めてみることにした。そこから八木干拓方向へ進み、霞ヶ浦大橋までのエリアを重点的に探ってみるのだ。

朝5時、ハス畑からスタートした。
風の具合も良く、水質も悪くない。これは釣れそうだ。

ハス畑周りなどのシャローエリアは、バジンクランク、ハーフスピン、逮捕状で攻め、最後にテキサスを撃つ。八木干拓のようなテトラがある所では、ダイビングチェリー、モデルA、ファットペッパーJr.などを交えて、丹念にチェックしていく。

……………。

時刻は10時を回った。何も起こらない。
アシの先に沈んでいるテトラの頭が見えている。普通、こういうところにはバスが居るものだが… 水門の前にハスの群生。無反応。ここにはバスは居ないよ。地元の老人が呟いた。 八木干拓の端っこのエッジ。アシにテトラが絡み、大きな変化になっている。で、反応なし。
いったい東浦というのは何なのか? ここに魚はいるのか?
八郎潟みたいなゴロタ石エリアがあって、そこで逮捕状を使っていると、八郎潟に来た気分が味わえる。しかし、味わえるのは八郎潟で釣りをしている気分だけで、八郎潟で釣れてる気分にはなれないのだ。ノーバイトだからである。

「何も起こらない」という言葉は釣りレポートには頻繁に出てくるが、本当に何も起こらないのは稀である。ルアーが通ると、ベイトがピチャピチャッと跳ねるとか、水面がゆらりと波打って、何かが移動したりする。
ところが、東浦では、本当に何も起こらないのだ。
東浦は釣れないという噂を耳にする。1日やってやっと1匹程度だと。

今回まじめに狙ってみて、よく分かった。1日やって1匹釣るのは、東浦のエキスパートなのだと。ちょっくらちょいとやって釣れるような簡単なエリアではないのだ。難しすぎる〜!
続きへ  2008年の釣り一覧へ  トップへ
見ているだけで嬉しくなるような風景。アシ、杭、当然のようにバスが釣れるでしょう。いえ、ここは東浦。そんなに甘いものじゃないんです。 新たな護岸の前には捨石が沈められている。例のネットに入ったヤツなので根掛りが恐いが… 八郎潟の写真…ではない。ひょお〜、逮捕状でバンバン釣れそうじゃないか。で、反応なし。
inserted by FC2 system