2009.4.4.潮来

土曜日、ヒシの池で逮捕状を引くとゴンゴンとアタリが。おおっ、と思ったが、なかなかフッキングしない。しばらくそんな状況が続き、最後はデカイ鱗が付いてきた。鯉かぁ〜。
土曜日、予想通りに午前中で仕事が終った。そこで、昼過ぎから旧小貝川に繰り出し、シャローを撃ちまくってみたが無反応。まるで生命感がない。すぐに見切って帰宅した。明日の釣りのために体を休めておいた方がいい。

ところが、夜になってnnn男爵が現れ、さらに遅れてヒサシまでやってきた。カレーを食いに来たとのことだが、要は嫌がらせだ。特にヒサシは自分がボーズに終ったものだから、ボクの明日の釣りを邪魔するつもりなのだ。

禁煙だと言っているのにタバコをスパスパ。それでも、男爵はまだ少し遠慮があるが、ヒサシは部屋の前まで来てタバコに火を付け、わざわざ吹かしながら入室してくる始末だ。
そのタバコの煙に喉をやられ、喘息が出た。酷い咳に明け方まで寝られず、コンディション最悪で出撃となった。腹黒い男め、なんてことしやァがる!

寝不足でボーッとしながらハンドルを握り、午前7時半、ハスの池に到着。
なぜ、ハスの池か? それは水郷は厳し過ぎると、昨日散々聞かされたからだ。神の力も及ばないらしいし、黒い瘴気を撒き散らす男は頭を丸めている。
こんな危険な場所は鰻を食べるついでにチョイとやればいいだろう。
狙っているのはシャロー。浅いところでは20センチ、深くても50センチくらいしか水深がない。春はこういう激シャローにデカいバスが入っている。

スピナーベイトを装着して、浅い池に入る。水深は30〜40センチくらいかな。昨日、トモが43センチを釣ったというから、まだ釣れるんじゃないかな。

奥へと進み、ハスに絡めるようにハーフスピンを通していくと、バスがルアーを引ったくって反転した。
「フィッシュ!」
ググン…スポン! 最初の一撃ですぐに外れた〜! でも、その辺に居るのは分かった。もう一度同じコースで…ゴン!
「フィッシュ!」
出た〜。さっきと同じように。そして、さっきと同じように外れた〜!

スポーツでも何でもそうだが、ここぞ、というチャンスは逃してはいけないのである。あのシュートが入っていれば! たら、ればを言うのは負け犬だ。そして、ボクは犬になっていた。

ここで自転車のオッチャンが現れた。地元のバサーということで、ハスの池のヌシを自認しているようだ。色々と情報を教えてもらったのだった。
続きへ  2009年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system