2009.4.29.潮来

そんなに焦らなくてもと思うが…
悪辣な貴族の館を覗くと「スピニングでGO!」なんて書いてある。冬に向けての練習…なんてほざいているが、多分そうではない。何か霊感のようなものだろう。スピニングでのライトリグが爆発するという。
そこで、男爵から下賜されたスピニングロッド、バスワンを御守り代わりにクルマに積み込んで出発。まずはエセハチに入る。

明けゆく空を見ながらコッペパンを半分頬張って朝食にし、さあ始めようかと思った瞬間、彼方より悪魔的な閃光が発せられた。その光が湖岸沿いにこちらに近付いてくる。いきなり腹黒い男の登場だ。

そのヒサシ、端からオロオロしている。
「メールしても男爵からレスがこない。ヤツがどこにいるのか分からない。アイツが撃った後では釣れる気がしない。どこで釣っているのか。連絡をよこさねぇとは悪どいヤツだな」
困った男である。男爵は今日は来ていないのに。男爵に後で訊いてみると、「夜中の2時に布団の中でヒサシのメールを受け取った。勘弁してくれ」と嘆いていた。この2人、コントでもやっているのか?
道路の真ん中に座り込んで進路妨害をするヒサシ。何なんだ、この男。
ヒサシと2人でエセハチを撃つ。しかし、反応は無い。何か水が減っているような感じがする。日曜日よりも水位が下がっているようだ。
早めに見切りをつける。エセハチはスーパーシャローの釣りなので、減水時にはいい釣りができない。決して魚が居ないわけではないだろうが、釣るのは難しいだろう。減水の影響がないエリア、横利根、与田浦、水路…、やっぱり水路だな。水路へ行こう。

ヒサシはダッシュ水路へ、ぱおんは神水路へと移動。
途中、今まで撃ったことのないエリアを全て叩いてみたが何の反応もなく神水路に到着。まずは自分で見つけた釣れるエリア、ヒサシ曰く「Uターンポイント」へ入る。と、携帯に着信。ヒサシからだ。
釣れる水路も魚が居るエリアは限定的。それをいかに見つけるか。
「ダッシュはスピナベ、テキサス共に何も起こりません。神水路は撃ったんですか? え? まだ? じゃボキが撃ちます」

しばらくするとヒサシが現れ、神水路の中へと歩いていく。
と、ゴゴンとバイト。テキサスをレギュラーバスが食ってきた。そのバスをヒサシに向かって掲げて見せるが、全く気付かずにツカツカと歩いていく。どうやら周りが見えていないらしい。焦っているようだ。


続きへ  2009年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system