2009.5.9.潮来

まず1匹。元気なバスは残っていた。
レポートが遅くなった。もっとも、このレポートの価値はあまりない。他のメンバーのブログを見ると、驚くほど釣れている。こういう貧果のレポートは、書くのも苦痛だし、読むのもつまらないだろう。

土曜日、朝マズメはまだ元気があった。エセハチ、黒ワンと回るつもりでいた。
他のメンバーは利根川をやった後、水路に入ると思われるから、ヤツ等とは別の戦略で結果を出してやろうと考えていたのだ。そして、「しまった。黒ワンに行けば良かった〜」と、悔しがらせてやろうと思っていたのだ。

まずはエセハチに。いつものように護岸際や漁港のヘチなどを探っていくが、反応は無い。
ゴールデンウィークのレポートからはドアフターになっていると予想されるが、霞ヶ浦ほどの大きな湖になると、全てのバスが一斉にアフターになる訳はないから、何処に元気なヤツが居るはずだ。
よいしょっと2匹目。雨で少し増水してるから、シャローにいいバスが入っていたのか。どアフターとの噂のわりに好調だ。

アシ際をハーフスピンで撃つ。バシィッ!
「フィッシュ!」
引ったくるような強烈なバイトで釣れてきたのは38センチのナイスバス。しばらく後に35センチのレギュラーサイズ。さらに掛らなかったものの、アシ際での凄いバイト。

うむ、戦略は当たっている。アシの中にフォローのワームを入れとくか。神から拝領したドライブクローだ。
ズガガガガン!
物凄いバイト! しかし、それはギルのバイトだった。ドライブクローは一瞬にして手足を3本もがれてしまった。飢えたギルの群れが居たようである。

ここで、ひとまずエセハチを見切り、クルマは北浦、黒ワンに向かった。エセハチのアシ際であの反応、黒ワンのアシ周りはさらに爆発するに違いない。それそれ、急げや、急げ。
一瞬にしてドライブクローがこんな姿に。数が減ってきたな。また男爵にもらっておくか。
霧の立ち込める北浦、黒ワンポイント。いかにも釣れそう…にない! 何だ、この汚い水は。まるでターンオーバーしちゃってるようじゃないか。

不安になりながらも、アシ際をスピナーベイトで撃つ。撃つ。撃つ。だが、水面は沈黙し続けた。まるで、そこに生き物が居ないかのように。

テキサスに替え、アシの中を撃つ。奥へ、さらに奥へ。そして自分に言い聞かせる。俺は男爵だ、俺は神なんだ、と。

黒ワンのアシを撃ち尽した時、神ならぬ身に奇跡は起こらないと思い知らされた。

慌ててヒサシに電話を入れる。いまヤツはどこに居るのか? まだ水路をやってなければ、ボクにもチャンスが残っている。
「水路に入ってます。神水路に。ダッシュには神が降臨しています」
ヒィィー! 終わっちゃってるじゃないか、もう。何で北浦なんかに来ちゃったんだろう。
続きへ  2009年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system