2009.7.2.潮来

黒のCR-X最後の雄姿。このあと分解されて新しいクルマへの部品取りに使われた。
帰ってきたワインレッド車。エレガントな走りとワタシの上品な運転が見事にマッチしている。
水曜日の夜、仁、黒、神の3人が旅立って行った。
本来は、トモとボクを含めた5人で出発の予定だったが、トモが木曜日を休めなくなってしまった。外せない仕事が入ったのだ。そこで、全員に木曜出発を伺うと…
「ボキは水曜から先回りします」と、黒。
「オレ、水曜から」と、神。
「黒いクルマは空気が悪いからなぁ…」と悩みながら「水曜出発で!」と、仁。
結局、誰も木曜出発にならなかった。しかし、1人で650キロを運転するのは辛い。それで、ボクが出発を遅らせて、トモと2人で後から行くことにしたのである。こういうところが聖人と呼ばれてしまう所以なのか。

その木曜日、出発は夜からだが、ボクは一日休みを取ってある。前回、男爵が迎えに来てくれなかったため、しばらく水郷へ出撃できていない。遠征前にちょっと行っとくか。

新しくなったCR-Xのフィーリングを確かめながら潮来へドライブ。振動も少ない。操作系もスムース。前の族車に比べたら高級車になっちゃったぜ。
そして朝マズメにエセハチに到着した。
ハーフスピンとスーパースポットで探りを入れていく。
何も起こらない。

黒ワンへ移動。護岸際とゴロタ石をスピナベとクランクでチェックし、アシの中をテキサスで撃つ。
ここも何も起こらない。
マズメのエセハチ。遠征前で気分が浮ついていたのか、バイト一つ得られなかった。

焦りながら水路へ移動。
今日は他のメンバーが居ないため、先回りの心配はないのだが、今晩から遠征なので、昼前には帰るつもりなのだ。ここまで3時間以上、バイトの一つもなく、このままだとボーズに終りかねない。

まずは神水路。水の良さそうなエリアから流していく。
しかし、全く反応がない。今日は神が北に行っている。だから魚がいないのか…

続きへ  2009年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system