2009.7.18.潮来

タイニークレイジークローラーはボクが一番得意にしているトップルアー。それで連発。
終業式も終わり、いよいよ夏休みである、学生は。いいなぁ。
ボクはというと、働き過ぎの疲れた体に鞭打っての出撃。社会人は辛いのう。

で、まずは夜越川河口。先週、釣れはしなかったものの、ボコボコとボイルしていた。トップで狙うには最適なポイントだろう。
案の定、タイニークレイジークローラーに次々とバスが出る。しかし、どれも30センチに届かない小バスばかり。そこでバジンクランクにチェンジしたが反応なく、ジッターバグへとローテーションする。ポコポコポコポコ…ドバーン!
出たァ〜! グッドサイズ!
しかし、これはナマジィだったので、ここで夜越を終了し、北浦・黒ワンへ向かった。
この写真を載せておけば、多くを語る必要も無いだろう。北浦…死んでいる。
黒ワンは昨年、何度もいい思いを経験したポイント。今シーズンは全然釣れていないけれども、水通しがいいから、そろそろ結果が出てもおかしくない。ここを暗い内から攻めたいと、夜越川を切り上げてやってきたのだ。
早速、タイニークレイジーで探っていく。漁港のヘチ、ゴロタ石、アシの際…
しかし、反応はない。一度、チョボッと小バスが出たが、それが全て。いったいどうしたのか不安になってくる。そういえば、腐敗臭がする。暗くてよく分からないが、アオコが出ているのか。

やがて夜が明けると、不安は絶望に変わった。
何だ、この水…。さっきまでキャストしてたルアーの軌跡が全部残っている。ドリンクバーでよく見掛けるメロンソーダを凌ぐ病的なグリーン。
朝マズメのベストタイムを糞エリアで潰してしまった…。
この日、一番嬉しかった1匹。おかげで冷静さを取り戻せた。

大慌てで北利根方面へ戻るが、朝イチを逃すと厳しい。とりあえず閉鎖水域である与田浦へ行く。バスの成る木だ。
テキサスにバグアンツをリグり、オダ周りに落とし込んでいく。ゴゴン!
「フィッシュ!」
明確なバイト。大物だ、これは。そう信じて思い切りアワセを入れる。プルン! 超小バスでした。
でも、この1匹で焦りがなくなった。時間を無駄にしたと、慌てて帰って来て、あっという間に釣れた1匹だったから。これがなかったら、焦りまくりでダメ男になっていたかもしれない。そういう意味では、大きな1匹だったのだ。
続きへ  2009年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system