2009.8.1.潮来

素早くローテーションできるよう、上のような仕掛けを作って、スナップで交換していたが、どうもフッキングがよくない。
同日のレポートは、すでに仁が書いているので、ここではボクの釣果についてだけをピックアップしていこうと思う。本当は仁のレポートの合間に入れていくつもりだったんだけど、長くなってきたので分けたのです。この日はなかなか調子が良かったのだ。

最初に入ったのはエセハチ。漁港のヘチをタイニークレイジークローラーで舐めるように攻め、その後ハーフスピンを通していく。しかし、全く反応がない。今日はヘチに寄っていないのか。
続いて逮捕状を通し、最後にテキサスでチェックして、それで反応が無ければ見切るのが普段の戦法だが、せっかくの朝マズメ、他のポイントもチェックしたい。バッグの中にスナップ交換用のテキサス仕掛けを用意していたので、逮捕状を止めてテキサスをセット、それを引きずりながら歩いて、そのままポイント移動することにした。まぁ、つまりはテキサスに期待してなかったわけである。
1匹目。写真のすぐ横のところ、超シャローに差していた。やはりマズメ時はベストタイムですな〜。

漁港のヘチにボチャンと落とし、歩いて行くと、ゴンと何かに当たった。確かこの辺にロープがあったっけ。しかし、ふと足元を見ると、そこにロープが。むむ、すると今のはバイト? 一応アワセておいた方がいい。
「ンンッ!」。振り向きざまに思い切りアワセると、スポーンと抜けた。だが、確実にバスが食っていた。なぜそれが分かるかって? それはネ、漁港のヘチを引きずっていたはずなのに、沖のアサザの中からスポーンとルアーが飛んできたからですよ。

このアタリでもう少しここを攻めてみようという気になった。足元をもう一度引きずってみたが、それには反応してこない。先の1匹は千載一遇のチャンスを逃したということか。岸際は激浅だからバスが居る可能性は低いが、朝マズメなので一縷の望みに賭けてみる。ゴン!
「うわっ! 居た!」
ビックリ。着水と同時に食った。さすがにスーパーシャローに居るバスはヤル気満々だ。
レギュラーサイズ。悪くない。むしろ良い。

これでますます気合いが入った。さっきアタリが無かった場所に戻って、もう一度攻めてみる。
ゴン! ゴン! ゴン! 3連続ヒットだ。そして3連続バラシである。抜き上げようとすると落ちていく。どうやらフッキングが上手く出来ていないらしい。
続きへ  2009年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system