2009.8.29.潮来

約一ヶ月ぶりの水郷出撃である。いまどんな水になっているか見当がつかないので、どこからスタートすればいいか、ちょっと分からない。
ここは釣れないとボクが見切ってから、仁の戦いが始まる。粘る。粘る。粘って粘る。

まずは仁チョイスの横利根川、神社前。
しかし、1投目でこれは違うなと思った。ジッターバグクリッカーを引いたのだが、その後にブクブク泡の航跡が残っていくからである。
なのに仁は帰って来ない。無駄な粘りを発揮してるのだろう。
仁の帰りを待つ間、ジッターバグを引きまくり、水面は泡に覆われた。もう投げるコースがない。一度だけ、チョボッとバイトがあったがフッキングできなかった。バスとは限らない。ギルかも知れぬ。
空はすっかり明るくなった。せっかくのマズメが終了だ。仁にメールして呼び戻す。これだけ無駄に粘れば満足だろう。

エセハチへ向かう。
だがしかし。エセハチにはすでに3台ものクルマが止まっていた。トモ号と、ケンケン号と、貴人の御乗物と。無駄にした時間が痛い。
そして、狙うべき場所には3人の男が立っていた。このポイントは俺が荒らすと決めたんだ。そういう目をしていた。
ファーストフィッシュ。何にも無いオープンなところでテキサスをズル引きしてたら掛かった。

やむなく上流へ進む。バスの成るヒシだ。
プレッシャーをかけないよう、そっとポイントに近づいていく。と、怪しい気配。ハッと振り返ると、トモが音も無く忍び寄っていた。

ナルヒシでは反応が無く、仁が粘っている漁港の方へ歩いて戻る。さっきスピナーベイトを通した護岸際でテキサスを引きずって歩く。
グンと何かに引っ掛かった。先刻、スピナベも引っ掛かった木の枝だろう。しかし、足元を見ると、そこに枝がある。もしや、いつものパターンで魚なのか。
ルアーが沈んでいる辺りに目をやるが、無い。いや、ラインを目で追っていくと沖の方にあるようだ。
「フィッ〜シュ!」
いつものようにアワセると、いつものようにスッポ抜けた。いつものように気が付くのが遅かった。

しかし、このエリアは魚が居る。
アシ周りのシャローを攻めてファーストフィッシュ。さらに攻めると、ゴツンとビッグバス。45センチはあるぜ、これは。ズバッと抜き上げると、ボチャンと落ちた。
ヒィ〜、バラシかよ〜。なぜだ〜。
それはネ、ケチって錆びたワームフックを使ってたからだよ。バレたんじゃなくて、折れたんだよ、フックが。腐食した所から。
……。後でフックを買いに行こう…。
続きへ  2009年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system