2009.9.12.潮来

年々シーズンが短くなり、月日の流れが早くなる。もう夏が終わったのか…。
朝イチ、夜越川をチェックした後、エセハチへ向かう。夜越では、いつものゴロタは仁に任せ、牛堀側の護岸とアシの際(対岸から見て、以前ベイトが多くいたようだった)をトップで流してみたが反応はなかった。

エセハチに到着。すでにアシが茶色になり始めていて、秋の気配を感じさせる。今日は広範囲に探りを入れて、活性の高いバスを拾い釣りしていくつもりだ。天気も小雨まじりの曇り空で、バスがウロウロしてそうだし。

スピナーベイトをビュンビュン投げながら上流へと釣り上がっていく。水は悪くないが、ベイトが見えない。バスの反応は全くない。しかし、それは秋の定番、気にせずにどんどん進んでいく。まずは生命感のあるエリアを見つけ出すのだ。
歩けなくなったけど、何とかファーストバスをキャッチ。しかし、この先どうするか…

バリッ!
右足のふくらはぎに電流が走った。肉離れである。少し傷めていた部分が、土手を登って踏ん張った際にイッてしまったのだ。幸いにしてダメージは小さいようだが、痛くて普通には歩けない。ランガン戦略が早くも終わってしまった。

仕方ない。すぐ先の水門前で粘ることにする。仁に電話して救助を求め、迎えが来るまでワームでもやってるか。
しかし、その前に一応はスピナーベイトを通しておく。杭、護岸、そして鉄板…ズガン!
「フィッーシュ! あててて…」
アワセを入れた時にビリッときたよ。しかし、あとは落ち着いて対処。レギュラーサイズをゲット。うむ、この戦略を続ければ、きっとまたバスに出会えると思うのだが…
あまり動き回らずに護岸際などを丁寧に探る。浅すぎるな、ここはダメだ。

迎えの仁が現れ、さらに上流へと進む。ナルヒシポイントだ。ここはワームで撃てるから、肉離れ男でも釣りになるのだ。

しかし、反応はゼロ。聖人ポイントまで釣り上がっても結果が出ない。バスはどこに居るのか? 結局、釣れるエリアを見付けることはできず、居場所を探す必要のない与田浦、水路系に戻ることにした。

長島川、ナルキポイントなどを回るが先行者有り。ならばと神水路へ向かう。
続きへ  2009年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system