2009.9.21.潮来

老人週間の連休を利用して、月曜日、再び潮来に向かった。
だが、あまり期待はしていない。この日の朝、常陸川水門が開かれ、霞本湖は減水している。水位の変動があった時の霞ヶ浦はいつも渋い。減水だからシャローに魚が居ないかもしれない。
交通事故的に釣れたバス。でも魚が居るのが分かって不安がなくなったよ。

そこで、まずは与田浦から入ることにした。ブレイクポイントに行ってみる。
グエッ、グエッ、グエェーッ!
ブレイクポイントの杭に怪鳥が留まって叫んでいる。怪鳥ゲロルドだ。いかん、あれではバスも警戒して近くに居まい。
ゲロルドが飛び去った後にルアーを送り込んでも、案の定、バスのアタリは無かった。移動だ。

長島川、ナルキと進むが反応なし。そこで、土曜日と同じに、また水路Aの吐き出しにやってきた。どういう攻め方でいくか? ちょっと迷う。テキサスでピンを撃ってからスピナベで線を引くか。先にスピナベを通してから、テキサスを奥にブチ込むか…。
本命スポットの手前で考えながらも、無意識に足元にスピナベを入れていた。ググン!
「うわっ、釣れた!」
思いもよらぬ所で…い、いや、狙いが当たった! やはり超A級ポイントには魚が居るものよ。レギュラーサイズ。
流れが当たっているこのエッジの所に…という狙いがバッチリ当たった1匹。嬉しい〜。
スピナベで1本釣ったから、今度はテキサスにして本命を撃つ。ゴン!
「よし、フィッシュ!」
今度は正真正銘、戦略が当たった。スモールサイズだったけど嬉しかったな。

続いて根本へ。しかし、漁具の作業をした痕跡があって、全く反応がない。激シャローなので、一時的に魚がエリアから離れてしまったのだろう。時間をおいて、入り直すとしよう。

水路の中を一通り探るも反応がなく、本湖の様子を見にいく。減水したばかりなので、水門周りなどの少し水深があるエリアを探っていくが、そういう場所はさすがにバサーが多く、結果が出せない。水位変動時はやはり与田浦かなと引き返してみたが、いつの間にか凄い混雑になっていて、入る場所が無い。
続きへ  2009年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system