2010.4.4.潮来

いつの間にか4月になっている。
さすがにもう春の釣りが満喫できるだろう。僕は霞ヶ浦本湖へと車を進めた。
エセハチの下流、臭いエリアから釣り始める。ルアーはハーフスピンとラトリンログ。行きにスピナーベイトで流し、帰りにジャークを入れてみる作戦だ。

付近に漂う悪臭に吐き気がするまで頑張ったが、反応は全然無い。ボートがやって来て攻めているのを見ても、全く釣れていない。

上流へと探り歩いていく。エセハチからナルヒシまで、麻生の手前までをスピナーベイトで撃っていった。

車は与田浦へと走っていた。
本湖は何も起こらない。本湖でデカバス狙いの勝負に出たと言えば聞こえはいいが、たぶんこんなことになるんじゃないかと危惧していた。今年は季節の進みが少し遅いからだ。藤代の桜もまだ満開になっていない。本湖が熱くなるのは来週くらいからじゃないのか。
そういう言い訳は、実は前日の内から考えていた。ダメだ、こりゃ。
エセハチは少しディープからの距離があるので、まだ少し早いかなとも思ったが…やはり不発。 主にハーフスピンのタンデムタイプを使用。風は冷たいけど、水の色は冬のそれと明らかに違う。 岸際にあった木が沖に移動していた。大陸移動だ。あ〜あ、あの木の周りではよく釣れたのに…。強風で根こそぎ持って行かれたらしい。
それでも少しはカッコつけておこうと、与田浦で1匹を狙う。しかし、先行者がいてポイントに入れない。じゃ、次のポイントへ、水路の入り口へ、と走り回るが、鮒釣りの人がたくさんいて、どこも釣りができない。あちこちに「釣友会」と書かれたマイクロバスが止まっているところを見ると、大挙して出撃してきてるようだ。どれ、僕も鮒でも釣るかな。水路を見て回るが、鮒の竿は持っていないし、やはり撃てる場所がない。根岸までやって来た。おっ、ここは誰もいないぞ。早速、撃ちに行く。と…。グワッ、グワッ、グワッ! 根岸は巨大な怪鳥が荒らしまわっていた。白くて首が長いのが2羽もいる。なるほど、だから鮒釣りの人も居なかったのね。
ヒェェーッ、トップガイドのゴールドサーメットリングが無くなっちゃった。大事なメインロッドが…

潮来釣り具センターへ。
今日、釣りをしていて、竿のトップガイドのゴールドサーメットリングが無くなっているのに気が付いた。その補修をしてもらうのだ。しかし、潮釣りにもゴールドサーメットのガイドは無く、チタンSICのを代りに着けるしかないと言われた。さらにこの店員、このロッドは骨董品だと暴言を吐く始末だ。何を言うか。バンタムのスコーピオンだぞ。カッコいい色をしてるだろ。

で、ついでに新しいスコーピオン1000XTを装着テストさせてもらった。最近のリールはロープロファイル化が進んでいるから、昔のロッドに装着できない場合がある。この組み合わせはどうか。
何とか着くな。リールのフット部分が太いために、シートの部分が完全には閉まらないが、固定は問題ない。メタニウムXTよりもコンパクトで軽い。色もさすがに同じメーカーの品だけあってピッタリ合っている。う〜む、スコーピオン1000XT、1台買っちゃうかな〜。

潮釣りを出て、帰路に着く。途中で馬鹿犬水路に寄ってみたが犬が吠えただけ。さらにこの春にぜひとも試してみようと狙っていた水路に行くと、工事されてコンクリートの溝に成り果てていた。
ぱおん ボーズ

春が来るのは次週ですな…。昼前に帰還。
2010年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system