2010.4.17.潮来

普段攻めない水路を回ってみたが…
土曜日の寒さを避け、日曜日の釣行にした。それも、朝、晴れているのを確認してからの出発である。

まず入ったのはイヨケンならぬクロケン水路。腹黒い男とケンケンさんの実績場だ。黒サン曰く、まだ知られていない穴場だということなので、今日は一日ここを攻め切ってやろうと考えていた。しかし…

何だこりゃ。
ずわ〜とバサーが並んでいるじゃないですか。カバーというカバーには人が居る感じ。超人気スポットの間違いじゃないの。

早速、黒サンに報告。どこが穴場なのか訊いてみる。黒サンはうめきながら、人が多いのは仁のせいだ、タオル頭のせいだ、と罵り続けていた。まぁ仁はともかく、タオル頭には責任が無いとは言えないだろう。あの頭は目立ちすぎる。先週も頭をジロジロ見ていくバサーが何人いたことか。おそらく水郷アングラーの5人に7人くらいはタオル頭を注視しているに違いない。実際、タオル頭が立ってた場所は全部埋まっていたし…

カバーにはバスならぬバサーがピッタリと着いているため、仕方なく水路のオープンな所を攻めていく。ルアーはスピナーベイト。しかし、反応はない。合流したトモと一緒にエリアを移動しながら探りを入れてみる。トモは神水路の方で1匹釣ってきたそうだが、それはライトリグ。どちらにしても巻物はキツイのかもしれない。
田植えが始まった。例年ならば春本番なのだが、今年はまだ水が冷たい。
ぱおん ボーズ

大きく移動。ダッシュからA、根本、神と水路を巡っていく。本湖の水温もまだ10〜11度、シャローにバスが差してきていないと思われる。全然居ないわけじゃないだろうが、1日投げ倒して1匹釣れるかどうかという釣りは、よほどの自信がないとできないですよ。無難に水路ですな。

でも、この日のバスの反応は悪い。その上、水路は鮒釣りの人で一杯だ。彼らは日曜日にマイクロバスを連ねて出かけてくるから、バサーは土曜日の方が釣りやすそうだ。

結局、ノーフィッシュ。
今日よりもさらに条件が悪い、みぞれ混じりの真冬の土曜日に、バコバコに釣りまくる奴もいるのに。そう、それは神。今週末あたり、神頼みで釣らせてもらおうかな。何しろ4月になってからノーフィッシュなもので…
2010年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system