2010.5.8.潮来

広島から戻り、水郷へと向かう。聖書を読むと、ゴールデンウィークは順調に釣れていたようで、これはかなり期待してもいいだろう。
ハンドルを握るは疾風の仁。車はまずエセハチへ。

連休前、やっと調子が上向いた水路は、どアフターと聞く。しかも、混雑が予想される。みんなが水路に集まっている隙に、エセハチの高活性バスを釣ってしまおうという作戦だ。

ズガン!
キャストを始めて数投、ハーフスピンが引ったくられた。レギュラーバスがビンビン引く。狙いが当たった。

さらにアシの横でドン、護岸の際でゴン。
相変わらずセルフタイマーで撮影すると露出オーバーばかり。いったいどうしてこうなるのか、オリンパスのミュー。MADE IN CHINAだからか。オリンパス、日本で生産しろよ。 コイツはヒレがボロボロだ。でも形は悪くない魚だな。
これはいい感じだ。こんなに食うのなら、もっと早く、マズメに間に合うように来れば良かったかな。仁もバズで1本とっているし、もう少し上流へ行ってみるか。

ナルヒシポイントへ移動。しかし、ヘラ師に先行されていた。
ヘラ師に「ここでブラックが釣れるの?」と訊かれ、ここでこの間知人が釣りました、と、テキサスを投入。先日、男爵が釣った神のオダだ。すると…ゴゴン! 凄いバイト。

「フィッシュ!」
「おおッ」
弧を描くロッドにヘラ師達も歓声を上げる。激しいファイトの末に抜き上げたのは40アップ。ヘラギャラリーが感心して言葉をかけてきた。
「へえぇー、ルアーも食うんだ、ナマズは」
続きへ  2010年の釣り一覧へ  トップへ
またこの写真が仁から送られてきた。では続けて仁の写真とコメントを載せておこう。 「バイヤーいちおしどら焼き」を外したお買い物ラインナップです エセハチあさざエリア 35センチ ハーフスピンバズ
あさざの上・中をバズで引いて来ると出た1本
inserted by FC2 system