2010.5.15.潮来

コイツ、コンディションもいいネ。しょっぱなから結果が出て、乗ってきたゾ。
常陸利根川の水門操作情報を見ると、朝7時に開放とある。つまり、それ以降は減水するわけだ。霞ヶ浦本湖は岸際が浅いから、出来れば水位が下がる前に決着をつけておきたい。

朝マズメ、エセハチからスタート。ルアーは1/4ozのハーフスピン。チャートカラーのコロラドブレードに付け替えたタイプだ。漁港のヘチから撃っていく。
薄暗い内にアシのエッジまで流してみたが反応はゼロ。水中には煙が立ち上るかのように濁りが舞っている。もう少しアピールを増した方がいいかも…

ルアーを3/8oz、HBブレードのハーフスピンに変更する。特に強振動に調整したアピールタイプだ。さっきルアーを通した場所を改めて撃つ。違和感。
「フィッシュ!」
やりました〜。いきなり40アップのグッドなヤツ。こりゃ、今日は凄まじい爆釣になりそうだゾ。

エセハチから上流へ釣り上がっていく。やがて減水のタイムリミットがやってきた。
結果は? 最初の1匹だけで、あとは何も起こりません。

本湖減水のタイミングで水路に移動し、前回釣れた場所を中心に探りを入れていく。しかし、異常なし。バスはどこに行ったのか。それにめちゃくちゃ寒いんですけど…
ぎこちなくワームを落とし込む仁。 聖人ポイント。ゴロタ周りも、アシの際も反応がなかった。 犬が吠える水路。釣れない。神様ヘルプ、ヘルプ、ヘルプ、ヘルプ…
こういう時は神頼みしかないと思い、nnn男爵にメールしてみる。並木敏成のDVDを餌に男爵をおびき寄せ、釣り方をレクチャーさせるのだ。

パワー感に満ちたエンジン音を響かせて、バス釣り神・nnn男爵がやってきた。ノーフィッシュのケンケンさんも、神の力に引き寄せられてやってきた。
続きへ  2010年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system