2010.5.22.潮来

恋瀬川河口、かつてのハス畑
後悔した。神のお告げに逆らったことを。
「東浦で玉砕してください」と神は言った。つまり、東浦は釣れないということだ。それなのに、「何くそ、見返してやるぞ」と東浦に出かけて、ノーフィッシュの浮き目にあってきたのだ。

最初は夢を見ていた。東浦で5、6匹釣り、それから北浦に回って、巴川の近辺で新たなポイントの開拓に成功し、計15、6匹の釣果を上げて、神を唸らせると。

儚い夢だった。
見た目はいいけど、水深はなく、水もあまり良くない。だから魚がいないのか?
恋瀬川河口から釣り始め、八木干拓方面へ釣り進み、霞ヶ浦大橋を渡って玉造に辿り着く。車内では青ざめた男が震える手でハンドルを握っていた。もう北浦へ行く勇気もない。車は慌てて水路へと向かった。今日の目標はボーズにならないことだ。

ダッシュ水路は釣り人で溢れ返っていたので、そのまま車を進めてUターンポイントに入る。すると、豪快なエンジン音を轟かせて神が降臨した。
やった。これで釣れるゾ。神の周りには魚が集まる。この辺りのバスの活性はマックスになったに違いない。
ズウゥゥーン! コイツは10ポンドオーバーだぜ。野鯉は大きくなるとフィッシュイーターになるというが、ハーフスピンを引ったくりましたよ。
少し精神的な余裕が生まれた。いつもはやらないエリアを探っていく。スピナーベイトをアシの際まで引いてくると、沖側から巨大な影が躍り掛った。ズガン! そいつはルアーを引ったくって反転、一気に突っ走った。凄い重量感だ。
やった! やった! またしても50アップだ。ウッヒョ〜。

しかし、寄ってきたのは鯉。釣りキチ三平でユリッペのお父さん、高山安蔵が釣っていたのよりも大きな野鯉だ。優勝と大物賞を独占できるレベルだが、バスではない。ふと気付くと、神がいなくなっている。マズイ。ここは釣れないエリアだったか。

続きへ  2010年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system