2010.6.5.潮来

護岸際、ハーフスピンの高速巻きを引ったくられた。
6月に入り、水路は減水する時期である。本湖の水位も下がっている。こういう時は与田浦が安定して魚を連れて来てくれるが、それは鉄板のパターン、朝マズメは本湖を試してみるとしよう。

エセハチ。ここの護岸を攻めると、簡単に1匹釣れたので、減水してても本湖はイケると判断、上流のナルヒシポイントへ向かう。ナルヒシはいつもヘラ師が入るから、その前に探っておきたいのだ。しかし…

ナルヒシにはすでに車が止まっていた。そして漁港の堤防には黒い陽炎のようなものを立ち上らせた男がいて、憎々しげにこちらを睨んでいる。「こ…恐ェーッ」。僕は逃げ出した。

天王崎周辺の杭とゴロタを探ってから、再びエセハチに戻る。アシ、護岸、ゴロタ、アサザなどの絡むエリアを攻めてみると、ゴン、ガン、バシッとヒットが続く。さすがはエセハチ、凄いポテンシャルだ。上流域を圧倒する魚影の濃さである。
手前のロープはエビ捕り用の枝を沈めてあると思われる。こういう所にバスは着いてる…と思ったが、このエリアは水が悪くて反応なし。 天王崎下流の杭とゴロタエリア。浅いと思って今までやってなかったけど、意外に水深がある。ここ、もしかしていい場所かもしれないゾ。でも、反応はなし。 エセハチに戻るとすぐにズゴン。これは逮捕状で取り締まった1匹。
続いて水路へと移動する。減水しているが、昨年、同じような状況で神の奇跡を目のあたりにしている。水が減ってもバスがいなくなるわけではない。狙いを絞れば問題はない。と…

シュオオォォォーン! 悪魔の雄叫びのような音がして、腹黒カーが現れた。さっきいたナルヒシから移動してきたのだ。
車から降りたヒサシは「水が無いじゃないか」と悪態をつき、やがて神2ポイントへと消えて行った。なるほど、減水した水路の中の深みを釣るわけか。ならば僕は別の戦略をとろう。ヒサシの奴は腹は黒いが、食わせの腕は確かだ。並んで釣っては分が悪い。空気も悪い。水路Aの吐き出しへ移動した。
続きへ  2010年の釣り一覧へ  トップへ
ハーフスピンでアシの側からドン。このくらいまでは晴れてて暖く、釣りやすかった。マズメが過ぎて、シェイドになってた所に入っていたようだ。 漁港のヘチでハーフスピンの表層巻きに出た40アップ。ロッドを立てて、ゆっくり巻きました。デッドスローバジング? 腹黒い男は疲れていて、いつものキレがない。大げさに言ってるのではない極限の仕事のキツさ。勤務時間は連日18時間超、それでもやるしかない。
inserted by FC2 system