2010.6.26.潮来

ワールドカップの期間中は寝不足な日が続く。日本で開催してくれないと夜中の試合ばかりで、見るのが大変だよ。
今週は大失敗だった。
次の水曜日からまた遠征に出かけるので、マズメにガッツリと釣ったら、あとは帰ってのんびりするつもりだった。増水傾向の霞本湖、マズメのエセハチは爆発すると確信していた。しかし…

目が覚めると日が昇っていた。
前日、目覚ましをセットせずに寝た。18時に就寝したから8時間眠ったとして2時くらいには自然に目が覚めると思ったが、ワールドカップによる睡眠不足の影響は半端じゃなかった。
目が覚めたら5時を過ぎてる。11時間以上も寝てしまった。朝5時半に水門が開いて、霞本湖は減水するらしいのに、もう間に合わないじゃないか。

爆釣を諦めながらも、次善の策を考えながら水郷へ向かう。与田浦から攻めてみようか。ブレイクポイントに車を止める。
男爵がいいペンチを持っていたので、ボルトを回してバッテリーを外すことができた。それで神カーで釣りをして回ったのだが…
ん? テールランプが点いたままだぞ? いや、ブレーキランプか。
あれ? 消えない。どうやっても消えない。このままエンジンを切って釣りをしてると、バッテリーが上がっちゃうじゃん。

いったん釣りを諦め、男爵と合流する。頼まれていたブツを届けるためだ。その足で水路に行き、バッテリーを外してランプを消し、釣りを始める。
そこでいいことを思い付いた。男爵の車に便乗すればいいじゃん。神のガイドで釣らせてもらおう。

しかし、僕は忘れていた。悪辣な貴族はバス釣り神と呼ばれる一方で、ガセネタ男爵という別名も持っていることを。
回る場所、回る場所、ことごとく反応がない。バイトの一つもないのである。ひどいポイント選択だ。その上、「ここは釣れると聞いたんだ。Briseさんの話がガセネタなんだ」と、他人に責任を押し付ける始末だ。
続きへ  2010年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system