2010.7.17.潮来

また仁からこの写真が送られてきたが、今回は碌な写真が無かったから助かった。しかし、仁の奴は毎週同じ写真を撮っていて飽きないのかな。
梅雨が明け、夏がきた。もうマズメを逃しては釣りにならない季節になったのだ。日が昇ったら、部屋に帰って焼肉をするか。

空が白みかけた頃、クルマはエセハチへ到着した。下流の鉄板水門だ。ここをちょっとチェックしたら、上流のいつもの場所へ向かおう。

タイニークレイジークローラーで探っていく。鉄板ギリギリをスローリトリーブしてくると、バシャッと水面が割れた。
「フィッシュ!」
いい引きだ。グッドサイズだな、こりゃ。ん? でも少し引きが違うような…? ウッ、ヒゲだぁ。
ヒゲの写真はなし。代わりに仁が毎回撮ってる食い物の写真を。こんなの見せられてもつまらないだろうけど。
残念なことに45くらいのヒゲ。しかもルアーが鬼掛り。なかなか、なかなか外れない。
チィ、急がねば。早くしないと、あの男にポイントへ先に入られてしまう。

やっとの思いでルアーを外し、土手の上へ駆け登る。ブロロロローッ。ウッ!? この高慢チキな排気音は…

出た。神カー。いや、神だけならばまだいい。噂では今週の神カーには黒いおじさんが同乗しているというのだ。
「ぐっどもおにんぐ」助手席からどす黒い目をした男が声を発した。黒いおじさん、ヒサシである。そして神カーは上流へと消えていく。

やられた。ヒサシに先回りされてしまった。仁よ、早く戻れ。腹黒い男にポイントをみんな荒らされてしまうぞ。

神カーの後を追うように上流へ向かう。いつもの場所にはやはり神カーが止まっていた。
しかし、神は釣りをしていない。ヒサシが釣果を伸ばすまでは、釣りをせずに待っていないといけないらしい。
「いま1匹釣りましたよ。黒さんが」。チッ。俺のポイントを荒らしやがって。仕方ない。少し上流に行くか。
続きへ  2010年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system