2010.9.25.潮来

台風ではダメですよ。雨風を避け、橋の下に潜り込んで釣りをしてみたが…魚が居ないんじゃないのか?
台風が接近している。明日は雨と風で釣りにならないかもしれない。
しかし、仁はやって来た。行くしかあるまい。なぁに昼までには晴れてくるだろう。

朝5時半に起きて水郷に向かうも、雨はまだ止んでいない。ひとまず各エリアをドライブして回り、水の色などの様子を探る。ううむ。結構いい感じ。雨さえ止めばボコボコ釣れそうな雰囲気だ。
そうした偵察をしながら水路Aに差し掛かった時のこと。強風に揺れるアシの中に怪しい影が見えた。
ヒサシだ。腹黒い男だ。
何て凄い男だろう。この嵐の中、黙々と釣りをしている。

車を止めてしばらく様子を見る。アシの下にロッドを入れて延々と動かしている。あれがヤツの釣りの秘密か。あんなにじっくりと誘いをかけるんだ。僕はここを攻める時、ルアーが底に着いたらすぐピックアップしていたが、黒がコンスタントに釣るのは、あの粘りが効いているようだ。見ると、竿の向きを変え、乗り出すような怪しい仕草で動きに変化をつけている。凄い。

しばらくして声を掛けると、ヒサシはドロリと濁った目で言い放った。
「切れちゃったじゃないですか!」
え!? じゃ、さっきのハイテクニックは…? 「根掛りしてただけですよ!」。

紛らわしい男と別れて潮来駅近くのカレー屋へ。いま11時だが、あと少しで雨が止みそうなので、それを待つ間に昼飯を食べておこうという算段だ。
元気の無い仁。だが別にこの店が悪いわけじゃない。純輝でなければどこに行ってもそうなんだ。しかし、美味そうじゃないか、このチーズナンは。 糖尿病なんでチーズナンは我慢したが、ナンも高カロリーなんだよね!
昼食を済ませて外へ出ると、青空が顔を覗かせていた。本湖、ナルヒシから入る。
水の色はなかなか良く、水位は微増というところ、風は強いが風裏ならば何とか釣りになる感じ。釣れそうだ。
スピナーベイト、バイブレーションを中心に、たまにテキサスを投入しながら探っていく。ナルヒシからエセハチへ。エリアを変えて尚攻める。しかし…。
反応はゼロ。何もない。全くない。完全試合だ。梅安さんと出会ったので、一緒に水路へ。昼前から出撃したトモも到着したようだ。

水路Aに全員が集まり、探りを入れていく。朝、嵐の中、ここに腹黒い男が潜んでいたのが遠い昔のことのようだ。空は青く突き抜けている。

釣れない。どんなに頑張ってもアタリ一つない。ライトリグか? いや、この強風では使い物にならないと思って用意してない。ここはハードルアーで押し通すべきだ。キープキャスティング!
ズガガン!
続きへ  2010年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system