2010.11.27.潮来

仁が藤代に来るのも今年はこれが最期であろう。
今週は何とかやって来ましたよ、藤代に……
いつものパン屋で買い物をして隊長宅に上がりこむ……

朝は5時起床……この時期になると夜明けが遅いのでこの時間まで寝ていられる。夜明けにポイントに着ければ良い……と言う考えだからなのだ。他のメンバーの中には、この時期になっても夜中から、寒さも顧みずに釣りをしている人も居る。……も〜……すごい! っとしか言い様が無い感じだ。

6時前……明るくなって来た水郷に到着。何処に入りますかね?
「今日は最終戦だから、釣れると思ってないんで、水温のチェックをして来るのも忘れましたよ」
そうですか…… 長島川に入りますか?
「そうですね。そうしましょう……」
そう…… 最終戦はボーズで終わる。 っと言うか、こういう風に寒くて釣れなくなったから今年はもう行かない。と言う理由付けをして最終戦としている。もちろんその後も、1月2月の厳寒時に結果を出している人も居る……
しかし…… 寒いので出撃しない…… シーズンオフなのだ。
晩秋の定番の与田浦だが…。全然反応がないっス。

長島川のオダ周りには誰も居なかった。
スピナーベイトで底を取りながらスローローリング…… スロー……スロー……オダの中で枝にコツコツと当てながらローリング……   出ない。
ドライブクローのテキサスで、護岸……オダの中……流芯…… 何も起こりません……

与田浦を攻めて行くことにし、小さいオダから入る。スピナーベイトとテキサスで撃って行くが……
護岸でも何も起こりません……
「おはようございます!」 おっと、入信したミドシャツさんも現れた。3時間かかって水郷にやって来る“超”まじめバサーなのだ。同じような読みらしく、与田浦のオダや護岸・水路の角などを丹念に探っていた。
「ここに神がいるぞ」。神を利用して人をおびき寄せ、この間のデカバス自慢を始める腹黒い男。

その後、大きいオダにも行ってみたが何も起こりません……
北風がだんだん強くなってきて、ワンドの部分では護岸に飛沫があがるようになって来た。これでは頼みのライトリグも出来ないじゃないか……
「これじゃあ、早く神の居場所を聞かないと…… とにかくご加護を受けないと……」
っと、隊長が言い出したその時、隊長の携帯が鳴り出した……どうやら黒隊長からの電話らしい…… そして、神が一緒らしい……との事!

ビュ〜〜ンっと水路Bに移動。神と黒隊長が……居た。そして、釣れているらしい……
黒隊長が神に「早くネコリグの神業を見せろ」と迫っているようだが、神はやる気が無いらしい。面白いコンビである。いろいろやって見たが…… 何も起こりません……
そのうち黒隊長はガソリンを入れに行くと言って、何処かへ走り去った……
続きへ  2010年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system