2011.4.10.潮来

土曜日、販売の仕事で横浜へ行き、重い荷物を持ったので腰が痛い。疲れが残って体がダルい。それでも初バスの顔を見ようと思ってハスの池に出かけた。

前日に男爵から「神技で根刮ぎ釣っておいたから、釣れる魚はいないよ」との情報を得ていたが、この時期、ハスの池以外では釣れる気がしない。

しかし、ハスの池も有名になった。いや、有名なのは前からだが、たくさんある池のどの池が釣れるのかが知れ渡ってきたようだ。ボクが得意にしてる池は、あまりに浅いので、以前は人気があまり無かったが、今回見ると一番人気。複数のバサーが入れ替わり立ち代わり入っている。そのためか反応は悪い。
今期初の魚はライギョ。バスじゃなかったけど釣れてよかった。コイツも面白い魚だしね。

やむなく本湖に戻り、ハスの間を丁寧にスピナーベイトで撃っていく。ハーフスピン3/8ozと、さらにスピードを落としてシャローロール3/8oz、そしてアピールを抑えて1/4oz…。
何もない。いや、一度だけ違和感があったのだが、バスかどうか自信がない。鯉か鮒にぶつかっただけかも。
そこで今度はテキサスに変え、岸際のカバーを撃ってみる。

ゴゴン!
強烈なバイト。やった。遂に。しかし、上がってきたのは魚雷だった。

そしてこのライギョからフックを外している最中に男爵から電話が。釣れているか確かめにかけてきたのだ。いまライギョが釣れたと伝えると、「ハスの池のライギョは超1級のカバーに潜むんだ。それが釣れるということは、アンタでもカバー撃ちができるんだな」と上から目線。さらに前日に大量のライギョを釣り上げたと腕自慢を始めた。「アンタが1匹なら俺は神だから40匹」。そんなニュアンスを感じる話ぶりだった。

神の電話を切り、水郷に向かう。来週からは土曜日出撃が可能になる。本番前に改めて状況確かめておきたい。
建設省ワンドの駐車場には壊れた護岸の瓦礫が積み上げてあった。 地盤沈下の具合は与田浦なんかよりも酷そうだ。 護岸際に亀裂があって立ち入り禁止になっている箇所も多い。

利根川、水路、与田浦、霞ヶ浦本湖の様子を見る。本当はもっと広範囲に見て回り、釣りして回るつもりだったがガソリンが残り少ない。潮来で給油する予定にしてたのだ。ところが、何と財布を忘れて来た。クルマの中の小銭を集めて120円。コーラ1本で終りである。

結局、ガス欠になる前にとっとと帰ることにした。燃料計の針がEを指している。この状態から50キロは走れるはずだから帰る途中でストップはしまい。

次週からはいよいよ本番、シーズンイン。2011年の初バスを神頼みで釣らせてもらおうかな。
ぱおん ボーズ
2011年の釣り一覧へ  トップへ
エセハチ周辺の本湖の護岸は利根川に比べるとダメージを受けていない。十分釣りができる。 土手の上の道に比べ、下側の道は液状化の影響が出ている。マンホールが浮いて走れない。 コーラを飲み終わった。喉が渇く。目の前にたくさん水はあるが、とても飲めそうにないんだ。霞の水は。
inserted by FC2 system