2011.4.16.潮来

金曜日に腹黒い男が草を結んで罠を仕掛けていたという。傲慢な男がそう語った。本当だろうか…
いよいよ土曜日出撃。プレシーズンマッチが終わって本番だ。新たなシーズンに向けておニューのウェアもおろして気分一新、ルアーもパッケージを開けたばかりの貴重なハーフスピンを付けてきたぜ。

最初のエリアはエセハチ。前日から強風で荒れていたが、だからこそポイントが絞り込めると考えた。まずは今シーズンの初バスをゲットするか。

震災の影響で湖岸の道路には通行止めの場所があるが、エセハチの護岸は大丈夫のようだ。そう見えて油断したのが間違いだった。平穏に見えても、危険はすぐそこにある。

転倒した。護岸で。護岸には危険な罠があった。草が生えていた。雑草が。足に絡んだ。足腰は弱っていた。引っくり返る時、足首を手が掴んでいたように見えたのは幻か。
折れ曲がったガイドを戻してみたが、リングが上手くはまらなくなってしまった。

竿が破損した。一番リールに近い所のガイドが折れ曲がって、ゴールドサーメットのリングが外れた。折れたガイドは手に刺さった。指先の皮が剥けた。アイタタタ…

水溜まりに倒れたためにおニューのウェアも汚れた。痺れた手でガイドを直し、試しにキャストをしてみると、ボチャンと切れた。おニューのハーフスピンが。
ラインの傷は確かめたのに…って、リールのすぐ前に傷が入ってたのか。折れたガイドの所から先は入念にチェックしたのに。

これでこの日は終わった。怪我した手は徐々に腫れて、押すと水が出てくる。竿を握ると痛い。キャストのコントロールができない。
倒れた時に腰も捻ったのか、腰痛が酷い。釣りをするのがキツイ。

それでも頑張った。夕方まで。しかし、ボーズだった。
もうすぐ4時。体が限界だ。撤収を提言しようと仁を探す。どこにもいない。仕方なく車に戻ると助手席にいた。口を開けて寝ていやがる。仁の意見を訊く必要はないな。車をスタートさせた。

仁が目を覚ました時、車は藤代に着いていた。
続き(続きがあります)  2011年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system