2011.5.14.潮来

最悪の男
3時20分にアラームが鳴り、マシンに乗り込み水郷に向かう……
す、すでに空が明るくなって来ている……
隊長曰く……「もう明るくなってきてるじゃないですか? 時間を間違えたか?」
致し方ない。とっととポイントに急ごう。 しかし、「何処から入るんですか?」との隊長の言葉に、何処からでも良いですよ。っと答えた。 すると、「今日は黒ポンも来てるだろうから、あそこは先回りされてるだろうな? いや、あっちかもしれない。こっちかな? 水門が開くだろうから水位がな……」 などと結論が出ない……
出ないまま…… エセハチに到着。すでに明るくなっている。
多に車は居ない……いつものポイントにマシンを止め、隊長は上流側に、私は下流側に向かった。
だがこの時、すでに終わったあとだったのだ……

下流に向かった私は、いつも帰ってこないと言われるので、あまり反応の無いエリアは素通りして、
先週釣れたエリアに急行!…… しかし、一番良いエリアでは、鯉が……鯉が……バシャバシャバシャ……
…… …… 駄目かな?…… 先週改造したサスクァッチ3/8HBを通してみるが……
先に他人が撃ってるって? そんなのは俺様には関係ない。それ〜神技〜! ほら釣れた。
やはり反応は……無い……

その頃……上流に向かった隊長は……

黒ゴロタの辺りに先行者の人影が見える。そこでいったんは諦めて上流へ向かおうかと思ったが、よく見ると頭が白い。タオル頭だ。なんだ、神か。
合流して黒ゴロタ周辺を探ってみるが、すでにヒサシが攻めた後だという。ヒサシはすでに上流へと向かい、すべてのポイントを先回りするのだと息巻いているらしい。さすがの神もその腹黒すぎる行動に呆れていた。
釣果? ありませんよ、そんなものは。直前にヒサシが釣っちゃっているんですから。(by ぱおん)

続きへ  2011年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system