2011.6.4.潮来

スピナベを通した後にフォローでテキサス。むぅ、今日はスピナベじゃないぞ。たとえバイトがあっても食いが浅い。フッキングに至らないのだ。
木曜日の検診で嫌な結果が出た。糖尿病が悪化している。「すぐかかりつけの医者に行きなさい。入院治療した方がいい」と言われたが、入院は勘弁だ。どうせ食事療法だ。自分で一ヶ月やってから病院に行こう。断食でいくか。即身仏にならないように注意して。

さて、今週は仁がお休み。6時から睡眠をとると1時半に目が覚めた。それで3時前には水郷に到着できた。まだ真っ暗だ。

エセハチから上流へと攻め上がっていく。しかし、この時間だというのに要所には先行者の姿が。それを避けてトップを撃つが、バイトしてきてもまるで乗らない。ルアーの後ろに出る感じだ。明るくなってスピナベを撃ってもフックアップには到らない。

男爵、ケンケンさんと会ったので、一緒に北利根に向かう。神技を発揮し始めた男爵から少し離れてアシを攻めると、まずはケンケンさんが1匹。そして僕のテキサスにもレギュラーサイズが食ってきた。今年初めてのテキサスフィッシュだ。やったぜ〜。
俺、凄くね? スモラバでシーバスっすよ。これぞ神技ですな〜。うもも〜。
ここでケンケンさんと別れ、水路や与田浦をちょっとやってみたが全然ダメで、ちょっと本湖の様子を見に行くことにした。それにはあの貴族を連れて行くべきだろう。バスがいるのかいないのか、ヤツがいればすぐ分かる。フィールドチェックには最適な男なんだ。

ところが、本湖はチェックどころではなかった。人が多すぎ。入れない。釣りができない。
ならば東浦ハス畑だ。しかし、ここは工事中でクルマが止められない。

本湖を諦めて北浦へ。こちらも工事で通行止めが多いが、離れた所に車を止めて、歩いて湖岸に出てみた。風が当たり、水の透明度もなかなか。悪くない。

しかし、結果はろくなもんじゃなかった。食ってきてもスピナベには乗らない。今日はスピナベの日じゃないのか? さらに男爵が神技を使ってボコボコと釣りまくる始末だ。
続きへ  2011年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system