2011.6.25.潮来

フラッシュを焚くと真夜中みたいになってしまうので、そのまま撮影してみたら、ちょっと暗すぎ。補正しても見えにくかった。これでも2匹目で少し明るい方なんだけど…
仁からメールがあって、今回は出撃できないという。一人で未明のバイブレーションポイントに立った。エセハチも考えたけど、前夜に15メートルの風が吹き付けていたからなぁ。荒れてるかもしれないので…

しかし、バイブレーションポイントもイマイチ。水面に多量の草が浮いているのか、トップを引けない。すぐにルアーに絡み付く。それに得体の知れない真っ黒黒助みたいな生き物が護岸を横切って歩き、水の中に消えていった。こぶしくらいの大きさ。不気味だ。不吉の前兆かもしれない。

バイブレーションポイントを諦めて北利根に移動。マークIIから下流へトップを撃っていく。何もない。
空が白み始めてきたので、そろそろ大丈夫かとスピナーベイトにチェンジ。ハーフスピンのスーパーシャート、ブレードまで黄色いヤツだ。

この辺に障害物が沈んでいたはず…と思いながらリトリーブ。まだ暗くて水中は見えない。ガツン! 「うわ、引っ掛かった」。
慌てて竿を上に煽って、外そうと試みる。バシャバシャバシャバシャ…。魚だった。

ドライブクローのテキサスでゴン! 25センチくらいの小さいヤツだったからまだ良かったけど…
偶然の1匹に気分を好くしながらキャストを続けていく。どうやら水中が見える明るさになってきた。伝説の出番だ。さっきは派手なスカートと派手なブレードでアピールしたが、今度は振動系で見た目はナチュラルにいくのである。ゴゴン! レギュラーサイズが釣れてきた。

北利根を釣り上っていく。アシの先端部分で一度バイト。うむ。ああいう場所にいるのか。よし。
テキサスに替えて同じような条件のアシを撃つ。まるでnnn男爵のように、バスの居場所を読み切ってのキャストである。
ワームが沈んでいく…着底…グン! よし。でもここで慌ててはいけない。間を取らないと。
「食いました」。誰もいないのにそう言ってからキャイ〜ンとアワセる。バシャバシャバシャ! うほ、俺も男爵並みになってきたぜ!

ビロ〜ンビロ〜ン。
ヒィ〜、ヒゲだ。男爵並みどころか、これじゃあ完全に男爵そのものだよ。
続きへ  2011年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system