2011.10.15.潮来

スマン。1匹目のバスはカメラを持ってなかったので写真が無いの。
この日はスピナーベイト中心でいこうと思っていたので、ギルで買った写真のスピナベ(謎のパッチもん)の他、Bカスタムや10番ブレードのタイフーンなんかを用意していました。
出張から戻り、早めに就寝。たいして疲れていないように見えて、一週間の旅は確実に体力を消耗させている。実際、朝はアラームが鳴った時刻に起きられなかった。
明るくなってから潮来に向かう。まずはアシ際ポイントへ。今日は風が強いと予報が出ていたので、風裏に当たる側から釣り始めたのである。しかし、雨が落ちてきていたから、竿一本だけを手にして川へ出てみる。

キャスト。ビュウウーッ。
うむ、突風だ。背後からの風に足下がふらつく。雨は背中に当たるので釣りに支障はないが、斜め護岸の所までフラフラすると滑って危ない。岸から少し離れて何投かしてみる。
あのアシのエッジが釣れそうだな。あそこを撃ったら、ちょっと車に避難するか。そう思って釣れそうなアシへ歩いていく。と、ガクンと竿が引っ張られた。

振り向くとバスが掛かっていた。歩きながら適当に投げていたルアーに。
レギュラーサイズ。というか、かなりいいバスだ。これは思ってたよりもイージーにいけるんじゃないの。

タックルバッグを取りに車に戻り、調子に乗って北利根川を攻めていく。最初はスピナーベイトオンリーでいくつもりだったが、あまりにも釣れそうな雰囲気に逮捕状を投入。一気にボコボコに言わしてやる作戦にも出た。逮捕状とスーパーイラプション、これで決まりだ。

アシ際からバイブレーションポイントまでをメッタ切りにして、0匹のバスをキャッチ。うむ。0匹だ。つまりは何も起こらなかったのサ。
続きへ  2011年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system