2012.4.30.潮来

透明度の高い北利根に夜越川から泥水が流れ込んでいた。その濁りの境を攻めてみたりもしたが、残念ながら反応はなし。連休のプレッシャーもあるのかな。
ゴールデンウイークなので再び水郷へと向かった。今日の目的は3ッ。朝マズメのエセハチに入る。ヘビーカバータックルでの攻め直し。そして蕎麦屋。

まずはマズメのエセハチへ。
前にも書いたけど、今年は北利根や本湖の水が良い。透明度が高い。いかにも釣れそうなのだ。しかし、過ぎたるは及ばざるがごとしの諺のとおり、底が丸見えなのでかえって釣れない。特に日が昇ってからはシャローにバスが残っているのか疑わしいほどだ。

それで朝マズメなのである。朝イチはバスがフィーディングに来ているかもしれない。スピナーベイトと逮捕状で手早くサーチしていく。

なし。車は水路へ、与田浦へ、川尾池へ。ヘビーなカバーを撃つのである。今日は端からアニメスタ、ファットクローに25ポンドのGT-Rウルトラの組み合わせ。シンカーはカバーの厚さに合わせて10gから28gまでを投入する。
この魚はギルみたいなアタリで、これはバスじゃないなと軽くアワセたら釣れてきた。判断がなかなか難しいね。
ぱおん 1匹
クン。違和感。ちょっと竿先を上げて聞いてみる。ク、ク、ク…。確かにいる。少しずつ持っていく。よし!
バシッ! 思い切りアワセる。ドババババババ! グッサイズ! スポン! 抜けた〜。

なぜだ!? よく見ると針先が出ていない。もしかしてバスはワームの先の方だけくわえていたのか。しばらく後にももう2回アタリがあったが、その時もフックポイントは出てなくて、ワームの上半分の爪と髭が千切れてた。でもギルじゃないんですよ。バスが宙を舞ってボチャンと落ちるんだから。バスが小さ過ぎるのか。でも最初のは大きかったんだよな。

そのままカバーを撃ち続け、結局は小バスが1匹だけ。ヒットは何度もしたんだけど、アワセるとバスが飛んでは外れてしまう。
また分からなくなってきた。アワセのパワーの問題じゃないのか。食い込みのタイミングか。でもあまり時間を取るとカバーの奥に入り込まれちゃう気もするし……。

まぁ今日はマトモなサイズは最初の1匹だけで、あとはみんなスーパーコバッチーだったからな。30アップ、40アップってサイズなら普通に釣れるのかもしれん。しばらくは今のやり方で試してみよう。こういうのはやはり経験が必要だからね。

とりあえず蕎麦を食べたらこの日は帰りました。
2012年の釣り一覧へ  トップへ
ヒットルアー
マルキュー ファットクロー3in 18.5gテキサス ウォーターメロンキャンディ 20Up 神水路2
inserted by FC2 system