2012.5.26.潮来

会社終了まであと僅か、今の会社で最期の週末である。連日の整理業務で体力が残っておらず、夕方からはマンションの臨時総会があるため午前中のみの釣りである。ホントは石岡から霞本湖を下ってみようかと考えていたが、時間が足りないので与田浦周辺でお茶を濁すことにした。まずはニューヨダウラ。

到着した時にはすでに糸が結べるくらいの明るさだったため、スピナーベイトから始めてみる。しかし、無反応だ。そこでトップに替えてみる。
もともとはトップ、スピナベ、クランクとローテーションするつもりだったから、タックルボックスにはバニーを忍ばせてあったのだ。それを岸に沿ってゆっくりと巻いてくる。
スッと黒い影が動き、バニーの後ろの水面がユラリと揺れる。おやっ?…と思いながらもそのまま巻き続けると、それから50センチくらい進んだ所で後ろからズポンッと食いついてきた。「フィッシュ!」

まずトップで1匹、と思ったら、すぐにバレちゃうんだな、これが。ズポンッ。バシャバシャ。ザバッ。……ってな感じで、ジャンプ1発、すぐに外れてしまいました。35センチくらいのレギュラーサイズだったんだけどね。

最初の1匹を逃して、嫌〜な感じ。すぐさまクランク、CCプレデターだからシャッドかな、それを通してみる。するとピチャッと小バスが釣れてきた。ウルトラコバッチーだけど、ボーズ逃れができたからホッとしました。
トップでバラした後、同じ場所で食ってきたのは超コバッチーだった。ギリで20センチですよ。 水の透明度が高い北利根。気分はいいけど釣果は渋い。もしかしてもっと岸から離れて釣りをしなけりゃいけないのかな。マッディの接近戦に慣れすぎてるのがマズイのか。 ドーンと晴れてきたのでカバー撃ちが有効かと川尾池に来てみた。フローティングベジテーションを徹底して攻めたが、なんとノーバイト。
続いてオダや水路を攻めるもミスが続いてキャッチできない。
例えばオダにルアーを沈めてゴツゴツゴツ。むう、この枝の感触はバスのアタリにそっくりだ。ルアーを枝からぶら下げた形にしようと、スーッと持ち上げるとバスが付いてる。アッと思ったら離してる。なんてミスをやっていてはそりゃあ釣れないですな。

北利根、前川、川尾池と回ると昼前になった。あと少しで蕎麦屋の時間。時間調整でニューウラオダ2を撃つ。ズゴン! 宇宙キター!

ついに、ついに、ついにニューウラオダを攻略だ。しかもグッドサイズ……じゃない! 変な魚だったァ。後ろが萎んでた。トホホ。

うむ。昼食までにあと15分ほどできるかな。水路の吐き出しへ。スピナーベイトをピュ〜と引いてみる。ズバン! 引ったくるようなバイト。
いいなぁ。なんかリズムに乗ってるゾ。
ぱおん 3匹

美味い蕎麦を食べると早々に切り上げ。マンションの総会か。こんな年に理事長の役が回ってくるなんてツイてないな。何しろ大規模修繕委員会とか立ち上げちゃって毎週会議があるんだぜ。
2012年の釣り一覧へ  トップへ
40アップ…と思ったら、後ろが萎んでいるゥ。変な魚だ。こういうヤツでもオダの中で待ち伏せすれば餌が捕れるんだろうな。 ほんのわずかに残ったシェイドから飛び出してきた。やっぱりスピナーベイトで釣れると気持ちがいいね。 トモ出現。今年はもう会えないんじゃないかと思うほどに釣りに来てなかったようだが、仕事が忙しいのってホント嫌だね。いや、仕事があるのはいいのかもしれないけど、釣りぐらい行けないとね。
ヒットルアー
エバーグリーン CCプレデター ヌマチチブ 20Up ニューヨダウラ
イマカツ エリートクロー3.5in 10.5gテキサス イマエGPBF 30Up ニューウラオダ2
ジャッカル スーパーイラプションJr. 1/4oz TW ワカサギ 30Up 水路A
inserted by FC2 system