2012.7.21.潮来

この2ヶ月近く、完全な休暇にしようと釣りレポートの更新もサボってしまった。失業中の最期の出撃となる7月21日の釣行も、最期のサボリになる予定だった。
しかし、思いもかけぬ大物が釣れたため、急遽レポートを作成し、大いに自慢をすることにした。

この日は8時に潮来釣り具センターで神と待ち合わせになっていた。前の週から神にベイトフィネスの指導を受けている。それに使うラインなどを、神のアドバイスの下で購入する手はずになっていたのだ。
レポートをサボるつもりがこんなのが釣れたため、慌てて携帯で写真を撮る。これは載せて思い出を記録しておかないと。ウッヒョ〜〜!

マズメからは北利根で釣りをして、バズとスピナベで9本のバスを釣った。25〜35センチの小バスばかりで、サイズは大したことなかったが、久しぶりにトップで連発、非常に楽しい釣りができた。高水温時の肌寒い1日、マズメはバスの活性も高かったのだろう。

バイブレーションポイントまでを一通り撃ち終わって、神との合流時刻が近づいた。潮来釣り具センターに向かう。途中、時間調整に前川に立ち寄った。

いつも他のバサーがやっている所を撃ってみようと思ったが、皆が使っているのはライトリグ、ハードルアーやテキサスをドンと入れても釣れる気がしない。
そこで、神に教わったベイトフィネスでいってみる。ラインなどはまだ購入していないから、それまでスピナベを引いていたタックルにドライブクローラーをネコっただけのニセフィネスであるが…。

とにかくそれを杭に撃つ。トンと底に着く。しばらく待ってワンアクション。ゴツン!

猛烈なバイト。いつもは全く掛からないのだが、相手が大きかったせいかガブッと丸呑み。オートでフッキングされていた。ズババババ… デカい。何度も強烈な締め込みに見舞われ、バスが護岸に突っ込んでいく。後で確認するとラインがザラザラになっていたから、やはりビッグサイズには太いラインの方が安心だな。しかし、まあウルトラ20ポンドが奏功して何とかキャッチ。
この後、口をしっかり閉じて測ると54センチには届かず。口開けだと55センチを超えていたんだけど。猪木なんで形はイマイチ。腹も太くないし…

なかなかデカいなとバスを手に持ったままメジャーを当てると、ん? 55の目盛りの先に尾があるぞ。わなわなわなわな。震えがきた。

慌ててメジャーを地面に伸ばして、キッチリと測ってみる。えーと、えーと、54を少し切ってるな。残念、自己記録の54センチを更新とはならなかった。

しかし、まぁ、何というか、今日はもう満足である。あとは神のレクチャーを真面目に受けてみるか。先週の様子からみると、どうやらガセではなさそうだし…
続きへ  2012年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system