2012.10.20.潮来

土曜の夜に出張から帰り、翌日曜に釣りに行く。とりあえず状況はどんなものかなと、神にメールして訊いてみる。「純輝のチャーシューは本物の美味さでした」。これが神が教えてくれた全てだった。アイツ、本当に性悪である。
悪辣!

さて、溜まりに溜まった疲れから、マズメぎりぎりの到着となった。取り急ぎスピナーベイトでチェックをしていく。すると、割り込みをしてきてフロッグを投げる男が現れた。ミドシャツさんである。今日はフロッグ大会だとか。どうりで人が多く、入る場所がないと思った。

ミドシャツさんとバイブレーションポイントに向かうも不発。ボーズ逃れに水路Aの吐き出しに行っても不発。「神じゃないヤツと一緒にいても釣れる気がしない」。そう思ったのだろう。ミドシャツさんは何処ともなく消えていった。

水路もフロッグ大会で満杯のようなので与田浦に出てオダを撃つ。長島川のオダを撃つ。すると、オダの奥の奥でズウンとバイト。30ポンドラインにまかせて無理無理に引っ張り上げる。どーん。デカい。50アップなんじゃないの?
しかし、枝に挟まってどうにも寄せられない。手を替え品を替え頑張ってみたが枝から外れず、逆に針がポロリと外れる始末。マンマミーア! まあバスの口にルアーを残さなかったことだけを良しとするか。

時刻は10時前、そろそろ蕎麦屋タイムだ。スピナーベイトとライトリグで釣りをしながら時間調整に入る。
プン!
アシ際に撃った神技ネコにアタリが。落ち着いてアワセる。ズン! 根掛かり…? いや、動く。バスだ。デカい。50アップだ。ドババババ!
さすがにベイトフィネスでは抜き上げるのが怖くて、護岸に寝転がってハンドランディング。どーん。やったー! …あれ?
民主党の前原ではないが口だけ番長だ。両目も白く濁っていて視力が悪そう。そのバスが一番カッコ良く見えるのがこの角度。この口、コブシが入るぜ〜。

口はデカいが、後ろが萎んでいるぞ。変な魚だ。でもデカいことはデカい。50ありそうだ。メジャーを当てて測ってみる。ええと…50……ない。口閉じで48センチ。口を開ければ50あるのに、加えて後ろが普通の形をしてれば55くらいはあるんだよな。ハヒー、釣れたのは嬉しいけど、何か残念だ。

あとは蕎麦食って、温泉行って、帰りましたよ。

ぱおん 1匹
2012年の釣り一覧へ  トップへ
ヒットルアー
O.S.P ドライブクローラー4.5in猫 ライトグリパンブルーフレーク 変な48cm 某所
inserted by FC2 system