2013.3.10.ハスの池

釣り場に着いて、まずやらなければならないことは、インスリンを打って朝食を食べること。うーむ、面倒ですなぁ。
金曜日に釣り場を荒らす男がいる。土曜日には神技が炸裂する。同じ頃に仙台で商品の陳列をしていた哀しい男。
日曜日、その男が疲れた体に鞭を打ち、荒廃した野池に姿を見せた。

先日のなでしこの試合のように、フィールドは荒れている。そこかしこに漂う黒っぽい霧のようなものは、呪いの障気が残っているのか?

とりあえずスピナーベイトを結んでスタート。スピナベで始めるのがボクのセオリー。別にノリピーのマネじゃないけどね。ルアーは当然ハーフスピンだ。朝イチのフィーディングタイムを手早く、広範囲に攻めて、活性の高いバスを仕留めるのだ。

しかし、アタリひとつ無し。暖かくなる昼頃の方がいいのか。ならばとヘビーカバータックルに持ち替えて、テキサスでカバーを撃っていく。
こういうカバーの中からは、やたらとライギョが釣れるのだった。
アタリ無し。でもライギョが3匹釣れていた。アタリが無いのではなく、アタリが分かっていないだけなのか。持ち上げると魚が付いていたりする。根掛かりだとグイグイ引くと、バシャバシャバシャってこともある。それでバスも2匹逃してしまった。

暖かい風が強くなってきた頃を見計らって、再びスピナーベイトを取り出す。スーパーイラプション。今度はコイツでいってみようか。

と、投げ始めてすぐにガブリンチョ! 表層を走るイラプションに、ハスの茎をひとつ飛び越えて、文字通りバスが飛びかかってきたのである。「フィッシュ」。
でも大した引きではない。レギュラーサイズというところか。しかし、抜き上げには苦労した。重い。ん? デカイじゃん。
フジフィルムの安いヤツを買ってきました。これでもうトラブルに悩まされずに済むかな。

ぱおん 1匹
測ってみると47センチ。真面目に働く男にはご褒美があった。神の祝福。
しかし、カシャッとデジカメで撮影して、そっとリリースしてカメラを見ると「エラー」。な…に…? 慌てて確認してみると、写真はしっかりと消えていた。ダメだ、こりゃ。

せっかく釣ったバスも写真が消えては「夢でも見てたんじゃないですか?」と馬鹿にされるのがオチ。特に神あたりには。あーあ、無かったことにしとくか。
まあでも自己満足になったとはいえ、釣れて良かった。無理をして来た甲斐があった。結構楽しめたしね。

さて、それで仕事の鬼は、明日からの仕事に備えて、早めに撤収するのである。体力を回復しておかないと、仕事に差し障りがでるからな。はぁ〜、なんて真面目なんだ。社会人の鏡だな。

そして翌月曜日、ヨドバシにカメラを買いに行きましたとサ。
2013年の釣り一覧へ  トップへ
ヒットルアー
ジャッカル スーパーイラプション3/8oz DW チャートホワイト 45Up ハスの池
inserted by FC2 system