2013.3.16.ハスの池

CR-Xが風となってハスの池に参上。このマシンもあとどれくらい乗り続けられるのか…。できるならあと10年は、いや20年は、いや、この命が尽きるまで乗りたいのだが。
先週は初バスをゲットするも、デジカメの故障により写真が無くなってしまった。そこで、新しく購入したデジカメを携えて、改めてバスの写真を撮ろうとハスの池に参上である。
朝から暖かい。トモが現れ、神も降臨、ヒサシまで出没して釣り場を荒らしている。それでも、状況さえ良ければ、バスは必ず反応するはずだ。

スピナーベイトで広範囲に撃つ。先週の釣果もスピナベによるもの。いかにも釣れそうだ。
しかし、ハスの隙間をキッチリとトレースしても反応はなし。バスだけでなく、ベイトなどの生命感も乏しい。
カバータックルに替え、テキサスをカバーの奥へ送り込んでみる。先週5回ほどアタリがあったエリアでは、特に丁寧に探ってみた。何もなし。

ヤバイな。少々焦りながらも、池は広い。まだまだ撃っていない場所はある。よりカバーがキツい場所を探っていく。

ガブリンチョ!
激しい衝撃。しかし、あまりに強いアタリだったためにかえって慎重なアワセになった。本当に食ってるのか、ロッドを立てて聞いてみる。食ってるな? 食ってるよ! ヨオォ〜シ、キャイーン!
バシャバシャバシャ!
やった〜。遂にやった〜。しかもナイスサイズだぜ。写真を撮って自慢できるぞ。ヒサシが意気消沈する姿が目に浮かぶ。ヒャッホ〜イ。ボチャ。

ウッ…。
抜き上げようとしたら落ちていた。ヒイィ、やっとの思いで掛けたのに。

結局ハスの池ではこれで終わり。蕎麦を食べに向かった水郷での午後に期待するとしよう。

いつものロンロンしいなやで美味い蕎麦を食べた後、各ポイントを様子見して回る。そして長島川へ。実績のオダを撃つのである。
神が仁のポーズをパクる。いよいよシーズンイン。蕎麦屋の季節だ。同じ食べるならやっぱり美味いものが食べたいよね。 ぱおんは食前にインスリンを注射。この写真を新しいデジカメで撮った時、「目つぶり顔を認識しました」と表示が出た。何? 顔? どこに? 恐ェーぞ。何か憑いているのか? ヒサシも蕎麦の画像を撮っている。むむ、さっきのデジカメは隣りにいたヒサシの瘴気を感じ取ったのか? 後でヒサシの血糖値を測ったら、超優良値だった。羨ましい。
だが、運の無いことにオダの横で工事をしていた。ゴゴゴゴゴ…。地鳴りがしている。
無理。反応なし。今週はダメだったな〜。
ぱおん ボーズ
でも、蕎麦は美味かったし、春の日差しを感じられたしで楽しかった。やっぱりネ、楽しいのが一番ですよ。次回は1匹くらいは釣るゾォ〜。
2013年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system