2013.3.20.ハスの池

今回はちゃんとバスの写真付きです。バイトしてくる姿が見えて、サイコーでした。次は水郷での初バス狙いですな。ちなみにこの日のハスの池は水温15.5度。水郷の与田浦は14.5度でした。
朝5時半、ハスの池に到着。車が止まっていない。僕が一番乗りのようだ。これはチャンスである。
インスリン注射をし、朝食をとってから、聖人の池へと歩いていく。前回と違い、今日の池は生命感に溢れている。ボイルが起こった。

スピナーベイトを結び、底が見えそうなシャローを攻めていく。枯れたハスの茎の陰から黒い魚体が飛び出して、一直線にルアーに向かう。ガブリンチョ! 反転!
「フィッシュ!」
気持ちのいい出方だ。サイズはレギュラーだったが、スピナーベイトの一番気持ちいいアタリの一つと言えるだろう。超イイネ! サイコー!

ヨオォシ、まだまだ釣れるぞォ〜! しかし、理想的な展開もここまでだった。

シュゴオォォー!
高級車が下品な音を立てて突っ込んできたのだ。轟音と障気が辺りを包み、一気にフィールドは静まり返った。
車からヒサシが降りてくる。ああ、今日の釣りは終わった。

ただ、一つ面白かったのは、僕がすでに1匹釣っているのを知ると、「先を越された」とヒサシが焦り始めて、ダメ人間になったことだ。プププ、オロオロしていやぁがる。

釣りは終わった。温泉に行こう。
昼はいつもの蕎麦屋に行くとして、途中にある香取の「かりんの湯」に立ち寄る。しかし、行ってみるとまだ開いていない。開店まで1時間ちょっと。それなら別の風呂にするかと、潮来のヘルスセンターさくらへ。だが、ここはさらに遅く、風呂は昼の12時からだと…。
ヒサシの釣りを見て勉強する。ふむふむ、ああいう所を撃つのか。 今日の昼食は…分ってる分ってる、みなまで言うな。この店は美味いぞ。ロンロンしいなやって言うんだ。蕎麦を食べないと俺は死んでしまう体なんだ。さぁ、オープン! 与田浦も本湖も水位は高め。これは今年の水郷の春はシャローが熱そうだ。

ぱおん 1匹
そこで、蕎麦屋が開くまで川尾池へ。とりあえずカバーを1周、ヘビータックルで撃ってみる。特に分厚い所を狙って、奥の奥へぶち込んでみた。

………。魚がいないのかな、この池は。まあいいや。蕎麦を食いに行こう。

そしていつもの蕎麦を食って、今日は何だか眠いので早々に引き上げました。
2013年の釣り一覧へ  トップへ
ヒットルアー
ティムコ ハーフスピン3/8oz T シャートホワイト 30Up ハスの池
inserted by FC2 system