2013.3.24.パル佐野

土曜日、近場の旧小貝川に出かけてみたが、どうしたことか、あれだけあったハスが全く無くなっている。オープンウォーター。単なる水溜まりだ。旧小貝川はまだ減水期なので、岸際は浅くて釣れそうにない。諦めて近くの野池へ。
しかし、野池はヘラ師に占拠されていた。竿を出す場所がない。こりゃダメだ。今日は翌日の佐野に備えて休養に当てよう。フィッシングショーに行こうか迷っていたけど、思ってたよりも疲れが残っている。とても横浜までの遠征は無理だ。
旧小貝川。以前はここ一帯にハスが大量に生えていたのに…。ハスの池を凌ぐくらいの密度で。それが何もなし。完全なオープンウォーター。何だ、これ? ここまで完全にハスが消えてしまうなんて。誰かハスを刈り取ってしまったのか…? とにかく、この日はハスを攻めようと思っていたので、ハスがないんじゃ仕方がない。休養に当てて翌日の管理釣り場に備えるとしよう。
夜になると、ヒサシと男爵が嫌がらせにやってきた。翌日の朝が早いことを知って、できるだけ夜遅くまで帰らないつもりなのだ。酷い連中である。幸い、釣りを切り上げて静養していたから、何とか佐野に向けて出発することができた。

3月24日、朝6時半、パル開園。
桜が咲いている。寒くない。天気は曇り、微風。条件は良さそうだ。

人も少ないので、まずはスピナーベイトでランガン。岸際をチェック。ズガガガガン。出るわ、出るわ、入れ食い状態。ハーフスピン、ハイピッチャー、スーパーイラプションJr.、そしてハンマーブレードに改造したメガバスのヤツ。

バイブレーションやシャッドなどでも釣れて、かなり満喫したのでソフトルアーにチェンジ。まずはベイトフィネスでネコリグを撃っていく。ズガガガガン。
フォールで食うようなので、ノリちゃんのコンポジットツインを試す。ズガガガガン。これ、バックスライドで水車の下に潜り込むため、この日もっとも効果的だった。
で、カバーの無い岸際のヘチで食わせるには、ドライブスティックを使用。ジャークしてバスを誘い出し、フォールでガツン。このパターンも爆裂した。
ノーシンカーが釣れるのがよく分かったから、今まで釣れたことのないエコギアアクアを投入。これでもキッチリ食わせて長年の夢を叶えた。
桜が咲く時期のパルは初めて。こんなに釣れるとは思わなかった。

ぱおん 131匹

さらにダウンショットを練習、復習。デカオタマ、オタマ、バレットで成果を上げた後、また長年の夢を叶えるために、釣れたことがないワームを次々に投入。その全てで夢は現実になった。

こんな日は初めてだ。いつもいつも真面目に頑張っているので、神が褒美をくれたのか。いや、バス釣りの神は悪辣だから、褒美をくれるわけがないな。

大満足の1日。管理釣り場とはいえ、これだけ釣れると色々と勉強になる。同じような形のワームでもフォールスピードの違いで食いに差があるし、フッキングのしやすさなどもアタリが多いからこそ違いが分かる。楽しかったです〜!

今年は水郷でもコンポジットツインを本格的に投入するかな。あのバックスライドはイイね。威力を発揮する状況がありそうだゾ。
2013年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system