2013.5.18.潮来

いよいよハイシーズンに突入か。今回は気合いを入れて水郷を攻めるぜ〜!

朝イチはバイブレーションポイントへ。まずはフィーディングに来るバスをガッツリと仕留めるのだ。
しかし、タイニークレイジー、バニーなどのトップには反応がない。まだ空が白みだしたばかりの黒マズメの時間だったというのに。
そこで方針を変更。クランクベイトをゴロタ石に叩き付けるように早巻きして、リアクションで誘ってみる。ゴツン! ヒット! とても小さい!

それでも、バスの反応が得られたため、完全にリアクションに切り替えてジャークでいく。ベントミノー110だ。しかし。
あれ? 動きはこんなもん? ベントミノー86と全然違う。何これ? 普通にドッグウォークするだけなんだけど。
期待していた動きじゃないので、ルアーを信頼のロングAに変更する。これで強めのジャークでメリハリをつける。ゴボォッ! 出たァ〜!
止めたルアーが浮き上がり始めたところ、水面を炸裂させての派手なバイトだ。よおし、レギュラーサイズ。
クランクがゴロタから外れた瞬間に重くなった。スクエアAのリアフックにかろうじて掛かっていたよ。 トップのように水面が爆裂。超いいバイトだった。かなーり満足の1匹。この時までは絶好調と思っていたが… ご覧の通りの無風状態。このところ荒れ気味だったから珍しい。しかし、だからなのか日が昇ってからは無反応の状況が続く。快晴だったからシェイド狙いを徹底したんだけどね。
まさに狙い通りの展開。キタキタキタ、乗ってキタぜ〜。

だが。しかし。

これで終わりだった。ノリノリで向かった北利根も本湖もまるで何もなし。水路も出ない。バスがどこにいるのか、まるで分からない。おお、神よ。お導きを。でも、その神は入院している。

CR-Xが風になり、小見川へとやってきた。狙いはうなせんだ。バスではなくウナギ狙いに変更さ。そして出てきた上うな重。うむ、美味い! これで気合いを入れ直して、昼からは黒部川を侵略だ。
続きへ  2013年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system