2013.6.8.潮来

バラシたり、フッキングしなかったり、5連続でミスしていたから、この魚とのファイトには余裕がなかった。うわわわわわーって引っこ抜いたよ。41センチ。
「出来る限り水郷に出撃」と、言っていたヒサシを見習って、今週は気合いを入れて行く。3時過ぎに水郷到着、まずはバイブレーションポイントを目指す。龍ヶ崎近辺では、霧が残っていたから、おそらく無風だろう。トップでの釣果が期待できる。

しかし、現地ではなぜだか風が吹いていて、しかもバイブレーションポイントはまともに風を受けている。ザブン、ザブンと波立って、ちょっとトップには条件が悪そうだ。諦めて、北利根に移動。まずはバニーから投げ始める。

広範囲に探っていくと、反応はチラホラ。何もないド真ん中でズドンと食ったのは50近かったが、最後の抜き上げで落下してしまった。相変わらず水位は低く、護岸がヌルヌルしていたから、ハンドランディングを躊躇ったのがマズかった。惜しいことをした。

さらにタイニークレイジーやバズベイトなどで反応を得たが、食いが浅くてバラし、結局ノーフィッシュのまま夜が明けた。しかし、全てが無駄に終わったわけではない。バスが反応する位置が掴めたのだ。岸から6〜7メートル、かなり浅いから日が出てくると無理があるが、幸い、まだ小雨まじりの曇天で薄暗い。

狙いのエリアで取り締まり開始。レイクのポリスが逮捕するぜ。ファンファンファン!

そして、とりあえず2匹をゲット。その後、逮捕状が根に食われて失われたが、その根をスピナーベイトで撃ち返して1匹追加。なかなか楽しい釣りになった。

さらに釣れるラインにゴミが浮いているのを発見。スピナーベイトを通してみたが、反応はない。しかし、どうしても気になる。いったん車に戻ってベイトフィネスタックルに持ち替えて来た。

ネコパンチ。…む? ルアーが沈んでいく時に糸がピクッと動いた。これは食ってるのだろう。ガツンとアワセる。ドババババババ…
やった。このアタリの取り方は、今年のパル佐野でマスターしたもの。管理釣り場で200匹以上釣ったからな。だいぶ上手くなってきたぜ。
僕も写真の撮り方をマスターしないといけないな。妙に小さく見えるじゃない。これ、40には届かなかったなぁと言ってたヤツなのに。 これがこの日一番嬉しかったバス。細っそいけど、長さはそれなりにあった。でも、大きさじゃないんだ。釣れ方さ。大満足さ。 蕎麦屋に行く前に、潮来釣具センターに立ち寄って色々とお買い物。全〜部、夏の海釣り用のルアーなのさ。他にもプライヤーも購入したよ。あとは、アマゾンで注文したアレが届けば…。そうだ、そろそろ北の地への遠征で使う道具も揃えておかないといけないな。
サイズこそ40センチに届かなかったが、狙った場所にバスが居たし、わざわざタックルを取りに戻っての1匹。しかも、多少なりとも技量の向上を実感できて、満足度は高い。よし、これで北利根を終了して、エリアを変えてみるか。
続きへ  2013年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system