2013.6.15.潮来

タイニーの2匹目。タイニーで釣れるとハイシーズンって感じがしますな。それに夏って感じもね。朝、船が走るまでは高活性ですな、北利根は。
営業会議が流れたので、急遽有給休暇を入れ、土曜日に出撃した。そろそろハイシーズンに突入、まずは夜釣りからスタート。バイブレーションポイントだ。

しかし、この日は霧が凄かった。特にバイブレーションポイントに到着した直後。濃霧が全てを覆い隠すと、周囲は真の闇。さっきまで瞬いていた対岸の光も、今はもう見えない。護岸と湖の境も分からない。護岸から足を踏み外しそうになった。無理。せめて足元が見える所へ行こう。

アシ際ポイントへ。先週、反応が良かったので、また来てしまった。今回もトップから、ただし、波が全く無いのでバニーではなくタイニークレイジークローラーでスタートだ。ピッチングで足元へ。ボチャア! いきなり出たァ。こいつはいい感じだぞ。

そのままタイニークレイジーで流していくと、ボシュッ、ボシュッとバイトがある。なかなか掛からないが、何とか2匹目をゲット。そしてエリアの最端まで来ると、ライトリグにチェンジして、先ほどバイトがあった場所を中心にフォローを入れていく。ゴツン。ゴゴン。ズゴーン。
食うわ、食うわ。トップに反応があったエリアは爆釣。無反応だったエリアは何もなし。これが正しいトップの使い方か。超効率的にエリアを絞れるじゃない。
これはいったい何なんだ? 体長1メートルちょっと。体側の鱗と鰭は鯉そっくり。ヒゲはなし。丸太のように太い。知ってるお方はブログの方にコメントください。

しかし、釣果のカウントは2のまま増えていかない。バラしてばかり。バラしてもオーケー、楽しいなぁ、なんて言っていたのも最初の内、バラし2桁が近付いてくると全く余裕はなくなっていた。それにしても何なんだろうな。沈船の向こう側でヒットして、船の下に潜り込まれてバラしたのは納得できる。でも、ファイト中に凄い勢いでこちらに突進してきてジャンプ。岸に乗り上げてゴロゴロ転がって落ちて行き、その際に外れていたとか、初めてだよこんなの。

そんなこんなで、遂に13連続バラし。ゴツゴツゴツ。もうバラしは許されない。思いっきりパワーフッキング。ドスン! グワワワーン! デカい。やっちまった。デカすぎる。ヒゲか? いや、違う。鯉。1メートル以上もあるぞ、コイツ。
そして30分にも及ぶファイトの末、やっと岸際に寄せてくる。ん? 鯉じゃない? 何か顔が違うぞ。目が下に付いてる。レンギョ? いや、違うよな。鱗とかが全然違う。それに頭はボラのように扁平だし…。何だ、これ? 草魚でもでもない。背びれが鯉だもんな。もしかして、これが青魚ってヤツ? でも何か違うような気がするんだよなぁ。
でか過ぎてライトラインでは成す術がない。写真を撮ろうと思ったが、近付くと凄い勢いで沖に突っ走ってしまう。やむなく、離れた所から望遠で撮影。いったいこの魚は何なんだ?
続きへ  2013年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system