2013.6.29.潮来

辛うじて30センチあった。状況が手に負えない時は逮捕状に限る。ハイシーズンならとりあえず釣れるからね。
北の聖地は不調だったため、その後遺症は残らなかった。水郷とのギャップはあまりない。これなら普通に釣れそうだ。

午前2時、まずは夜越川河口から入る。タイニークレイジークローラーでスタートするも反応がない。リスクを承知でヒゲイダーまで投入しても何も起こらない。水位が上がっているが、これが原因か? 霞は増水すると反応が悪くなるからな。

いつものアシ際へ移動。タイニークレイジー、ヒゲイダー、ゼロワンバズ、そして黒テキサス。全て反応なし。やむなく、竿を持ち替えてライトリグを投入するもひたすら無の状態。何かヤバそうだな。こりゃあイカン。

日が昇り、本湖エセハチに移動。心機一転、やり直しだ。いま来たことにしよう。
エセハチの護岸、漁港にライトリグを入れてみるも反応なし。相変わらずヤバい状況が続く。どうすれば釣れるか分からない。こんな時は……そう、アレである。

取り締まりだ。逮捕状を取り出す。ラトル音をファンファン響かせてネズミ捕りである。ブルン! ブルン! 30センチが2匹釣れた!
昼にこれだけ食べても、午後にしっかりと釣り歩けば、血糖値はちゃんと下がると分った。歩くのが重要だ。その代わり夕食は抑えないとな。夜は歩かないから血糖値が下がらないのだ。
昼はいつもの蕎麦屋で神と合流する。チョークさん達も参拝に現れた。神はぱおんのリールのハンドルを交換してくれた。「これで使いやすくなっただろう。カネを払え」。ぼったくりじゃないか?

午後は北利根に再挑戦に向かったが、人が多すぎてポイントに入れず、水路で1匹。神をヒゲ水門で見かけ、状況を訊いてみたが、やはり北利根はイマイチだという。そこで、先刻アタリがあった水路に神と行ってみた。すると神ばかりがボコボコ釣る。どうして釣れるのか訊ねると「腕がいいから」だそうだ。なるほど〜。

その後は神に利根川に引っ張り出されてノーバイト。そして、それじゃ慰めてやるかと焼肉屋に連れて行かれ、「安物肉をアンタ食え。オレはいい肉を食う」と脂ぎった肉を盛られる。しかも、黒こげになってカリカリしていやぁがる。悪辣だ。
水路でライトリグ。いちおうコンスタントにバスを手にできる手段だな。

寂しく帰宅し、血糖値を測ると、かなり高めになっていた。

おかげで翌日の日曜日は全く動けずに、夕方になってから晩飯を買いにスーパーに行っただけ。たぶん、あの安物肉のギトギトの脂がいけなかったんだろうな。まぁ久しぶりなので安物肉でも焼肉は美味かったが…


ぱおん 4匹


2013年の釣り一覧へ  トップへ
ヒットルアー
ジャッカル TN/50 ステインキング 30Up エセハチ
ジャッカル TN/50 ステインキング 30Up エセハチ
O.S.P ドライブクローラー4.5inネコ DシナモンブルーP 20Up 水路A吐き出し
O.S.P ドライブクローラー4.5inネコ ゴーストシュリンプ 20Up 神水路
inserted by FC2 system