2013.7.7.潮来

夜トップが不発で、マズメになってやっと釣れた1匹。夜テキサス用にチャートのドライブクローを持っていたのサ。
猛暑の夏がくれば、それは夜釣りの開幕である。夜中からのトップウォーターゲームでボコボコにバスを釣るのだ。ヒゲに注意しながら。

午前1時、利根川水郷大橋、津宮と回るが、強風で波立っている。建設省ワンドにも行ってみたが生命感がなく、利根川を見切って北利根に向かい、シケたポイントへ。
もの凄い数のベイトがいるが、ポイントはシケていた。相変わらずだ。ヒゲのバイトすらない。いつものアシ際に回っても同様。このベイト、何の魚かな? 沖の方でもボッチョンボッチョン飛びまくって、この群れにバスが押し出されて居なくなってるんじゃないかと思うくらい反応がない。まさかそんなことはないと思うが、ヒゲイダーを投入しても、ヒゲのアタリすら全くないのだから不安になる。

あまりに反応がないためにトップ中止。朝まで寝る。そして午前4時、空が白んできたところで釣り再開だ。
フォールでこのサイズが次々と食ってくる。しかもみんなスゲー引いた。
トップに反応が薄いと分かっていたので、スピナーベイトからスタート。アシに絡めて撃っていくが、これにも何も出てこない。相変わらず、沖ではボッチョンボッチョン、こんなに生命感があって、バスが全然いないとは思えない。とりあえずバッグの中に唯一入っていたドライブクローを投げてみる。ポチャッ。ゴン! フォール中に食った。レギュラーサイズだ。

その後、すぐにもう1匹ヒットしたため、バッグの中身を入れ替えにクルマに戻る。夜トップ仕様から昼ライト仕様に変更だ。フォール中心ならば、そういうルアーを使わないとネ。ロッドもベイトフィネスの14ポンドに持ち替えた。

ヒゲ水門に移動してフォール攻めを開始。テキサス、スモラバ、ネコをローテーションさせて撃っていく。すると……爆釣。名は体を表す。さすがは水郷爆釣隊の隊長だ。

続きへ  2013年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system