2013.7.13.潮来

いつものトップ、タイニークレイジー。昔、初めて買ったルアーなので思い入れが深い。どうしても最初はタイニーを投げちゃうよ。
3連休。釣り三昧。ワクワクしながら潮来に向かう。黒マズメの少し前、午前3時に北利根川に到着だ。

潮来花嫁さんポイントからスタート。まずはいつものタイニークレイジークローラーを投げていく。上流へ、上流へ。アシ際でチョボッと最初のバイト。でも、これは乗らなかった。

芳しい反応はないが、水門近くのアシ際でもバイトがあり、そっと引っ張ってみると上手く掛かっていた。バシャバシャバシャ。レギュラーサイズだ。

すると、そこにトモが現れた。ヤバイ、運が無くなるのでは……?

案の定、その後はノーフィッシュとなった。夜が明けてくる。トモはヒゲ水門に向かったが、僕はマークIIに立ち寄った。運気を取り戻すためだ。
テキサスを撃ってみたが反応がないのでスピナーベイトにチェンジ。広範囲に探りを入れてみる。すると、足元でバシューッとルアーが引ったくられた。反転したバスはラインにビーンと弾かれるように横に走り、そのまま陸上に飛び上がった。ファイトなくして勝手に釣れてしまった……。

しかし、今のを見る限り、活性は悪くないように思える。ヒゲ水門を諦めたトモと合流し、バイブレーションポイントへ移動した。護岸際を逮捕状で高速チェック、さらにゴロタのエッジをジャークベイト。反応はない。

水もあまり良くない感じがするから、トモと別れて水系を変えてみることにした。利根川、黒部川に行ってみる。去年、神に教わった夏ポイントを試しに行くのだ。

途中、水路で軽く1匹追加してから、夏ポイント巡りが始まった。どこにあるのか知らないが、際限なく釣れ続ける「無限の壁」なるポイントも黒部にはあるという。探してみるか。

しかし、この戦略は大失敗に終わった。ノーフィッシュ。なんと、どこへ行っても先行者がいた。神が水郷になかなか現れないものだから神域のバリアが弱っているのか。釣りができなければ釣れない道理である。
スピナーベイトを引ったくっていった。夏は小バスが元気だね〜。夏休みに子供が元気なのと同じかな。最近の子供はあまり外に出ないというけどね。 水路の吐き出しでネコ。こんな小さいけど、アタリはスーッとラインが走っていって、オオッと思わせましたよ。ガツン! ビョーンって感じになっちゃった。 こんな写真を載せるなって? ムヒを塗ってだいぶ腫れが引いたところです。

ぱおん 3匹

そして、釣りができないといえば、この頃から手足の腫れが酷くなってきた。皮膚がブヨブヨになり、痛痒くて堪らない。明日また出直してくることにして、ひとまず帰宅した。すると熱が出始めてガックリとダウン。3連休が台無しになってしまった。情けない限りである。
2013年の釣り一覧へ  トップへ
ヒットルアー
ヘドン タイニークレイジークローラー YRH 30Up 潮来花嫁さんポイント
ジャッカル スーパーイラプションJr. 1/4oz ワカサギ 20Up アシ際ポイントマークII
O.S.P ドライブクローラー4.5inネコ モエビ 20Up 水路A吐き出し
inserted by FC2 system