2013.7.27.潮来

明るくなるまでノーフィッシュ。ヤバイと思ったけど、スピナーベイトを引ったくってくれた。北利根はベイトが多いのに、何か腹はペッタンコなんだよな。
来週は週末出勤。来々週からは帰省。この後1ヶ月間は水郷でガッツリ釣りができなくなる。気合いを入れて出撃だ。

まずは先週45クラスをぶっこ抜いた水路B外の利根川。懐中電灯を頼りに川へ出る……うわっ!? ………何だ、草か。闇の中に人が立ってるように見えたぜ。脅かすな。

早速タイニークレイジークローラーで攻め始める。しかし、水がない。随分と水位が下がっていて、水路部分にはベイトもいない。本流まで行くとベイトがピシャピシャやっているが、バスの反応はない。

すぐに見切って北利根へ。神水門とその下流の水門とを試して反応がないのを確認し、花嫁さんポイントへ。だが…車がいっぱい。入れない。諦めて、さっき空いていたヒゲ水門に戻ると先行者の車が。失敗した。先にヒゲ水門に入っておくべきだった……あっ!?

ヒゲ水門に止まっていたのは腹黒カーだった。奴なら邪魔をしてもかまわない。ここで釣ろう。
車を止めて外に出る……うわっ!? 車の横に人が立っている。腹黒い男だ。どこに潜んでいたのか。脅かすな。幽霊かよ。

ヒサシと一緒にヒゲ水門を撃つ。ヒサシは「昨日は良かった」などと言っている。また金曜日から来てるのか。たまには仕事をしたらいいのに。
しかし、神はちゃんと見ていた。ヒサシに小さいバスを、僕にはそれより大きいバスを釣らせてくれたのである。

水路へと移動するとトモもやってきた。3人で攻めると小バスがポロポロ。でも後が続かない。そこで水域を大きく変えて、利根川、黒部川に行ってみることに。ヒサシの登場で昼は鰻の予定だしね。
続きへ  2013年の釣り一覧へ  トップへ
大物を釣り上げてヒサシは得意げだ。 水路の中は小バスばかり… トモも負けじと釣り上げた。9センチ…
inserted by FC2 system