2014.3.22.横浜

釣具はほとんど見るべき物がなかったが、食べ物は美味かった。ただ、せっかくなので、海産物を食わせる屋台を増やしてくれるといいんだけどな。
フィッシングショー2014が3月21日から23日の3日間、パシフィコ横浜で開催された。もうバス釣りがシーズンインしている時期なので、普段は行かないのだが、今年は3連休、それなら中日に覗いてみようと横浜までやって来た。空は雲一つない快晴、気分好く会場まで歩く。

会場入りし、まず向かったのは食事のコーナー。各地のB級グルメばかりが出店し、期待していた産直の海鮮はほとんど無かったが、干物の専門店で鮭ハラス定食をオーダー。しつこいくらいに脂ぎった鮭がなかなか美味い。別の店でかに汁を食して昼食を終えた。

各メーカーのブースを見て回る。しかし、残念ながら目を引くものがない。OSPは並木のボートだけ展示のやっつけだし、ジャッカルも寿司屋の看板とかばかりで肝心のルアーの展示がほとんどない。ティムコもルアーの展示がなく、サイトマスターだけ、それも新商品を数点置いてあるだけ。メガバスやピュアフィッシングジャパンに至っては出展もしていない。

何だ、このショー? 何を見せたいの?

そんな中で、一番良かった展示はキャンピングカー。キャンピングカーというよりも車内泊使用のワンボックスの感じだが、軽カータイプだと250万ほどで、しっかり眠られる内装になっているのが嬉しい。釣りに使うなら十分な装備である。CR-Xの維持が不可能になったら、こういうクルマにするかもしれない。

一通り見た後は、再びフードコーナーに行き、ずわいがにの天ぷらを食べながら、小さな子供達が遊んでいるのを見る。無料のマス釣りコーナーの他、金魚すくい、ザリガニ釣り、どじょうすくい、トランポリンやアスレチックスなど、釣りの展示と違って子供を遊ばせるコーナーは充実している。この周辺がフィッシングショーで最も盛り上がっているコーナーであろう。

うーん、来年は釣具よりも海鮮を集めたフードショーにした方がいいんじゃないの? メーカー、もうやる気がないでしょ、惰性で出展してるだけで。
2014年の釣り一覧へ  トップへ
シマノでウェアの説明を聞く。ついでに意見も伝えておいた。ゴアの雨具、黒以外も作ってくれと。梅雨時に雨が止んで日が差してくると暑すぎるからね、黒だと。 ゼフォーの雨具を試着してみる。立体裁断なので実に動きやすい。カッコいい。これで黒以外の色があればな。 釣りガールの投票をしておいた。できれば、ちゃんと釣りをしている女の子をと選んだんだけど、結果はどうだったのかな。
inserted by FC2 system