2014.5.31.潮来

日差しが強くなってきたので、アイモアに行ってサンオイルを買ってきた。虫刺され、かぶれに必要なムヒも。これから夏に向けての必需品だ。
久しぶりに夜明け前からの出撃。そろそろ闇のトップに出るんじゃないか。まずはシケたポイントに行き、明かりの下でタックルの準備、続いて夜越川河口に入る。

ウッ!? 水が逆流しているぞ。それにだいぶ減っているようだ。水を抜いた直後なのか? こういう時は釣れないんだよなぁ。
案の定、アタリなし。他のシャローエリアも沈黙、少し水深があるアシの際へ。

しかし、どこへ行っても逆流している所はダメ。その時、流れがブロックされているアシ際でボイルが! あそこだ! すぐさまルアーを撃ち込む。ズガン!
やっとの思いでファーストバス。釣れたのはスピナーベイトだったけど、ま、あれは、何を投げても釣れたのかな。

本湖へ行ってみる。風もあるし、釣れそうな雰囲気だが、人が多い。ポイントに入れない。むむむ…。
空くのを待ってエセハチに入る。さっき人が立っていた護岸のヘチにネコを撃ち込むと、フォール中にズガン!40アップが飛び出した。これは、活性が高いんじゃないだろうか。調子に乗って攻め上がって行ったが、これが間違い。その後はアタリ一つない。いや、アタリはあったな。ギルはバンバン釣れました。
 続きへ  2014年の釣り一覧へ  トップへ
 
アシ際でボイルしていた。アワセた時にはドラグがユルユルで、慌てて締め直したけど、その間、よくバレずに付いていてくれたよ。サンキュー! 40センチをちょっと超えたところ。いい引きで、護岸の下に何度も潜り込もうと大暴れ。完全にアフターから回復しているネ。  ビッグギル連発。実はギルバイトの正体を探ろうとマス針ダウンショットでガッツリ狙ったのサ。例のバスワンとガルプが大活躍したぜ。 
inserted by FC2 system