2014.6.14.潮来

アシの奥で食いついた。フラッシュが光ったので夜に見えるが、実際は明るくなっていた。
増水中のカスミへ出撃。護岸のテラスが水没していて、釣り自体がやりにくい場所が多い。それでも、探せば地盤が高いエリアがある。ギリギリで水没を免れているヒゲ水門に入った。

朝マズメ、微風、条件は悪くない。むしろ良い。それなのに反応は薄い。アシの中でやっと1匹ゲットしただけだ。

しかし、ベイトが異常に溜まっているスポットを発見すると、そこが爆発した。ゴゴン、ゴゴンと連発。引ったくるようにしてルアーを食ってくる。まあルアーはネコリグだけどサ、底に着く前にズゴンとくるのは堪えられないよね。

この爆発スポットでは、バス6匹、ヒゲが生えたのが2匹釣れたため、調子に乗って周辺を撃ちまくった。しかし、反応は全くなかった。釣れたのはたまたまだったのか? この後、風がなくなり、ドピーカンになり、完全にフィールドは死んでしまった。水路に行っても、ギルのバイトばかりである。
ベイトの存在が重要だ。ピチャピチャと生命感が溢れていた場所には活性の高いバスが集まっていた。40アップ! ヒゲが釣れた場所に改めてルアーを落とし込むと、何と今度はバスが釣れた。 この台船に要注意。これが通った後は、シャローの反応がガクンと落ちてしまう。引き波の影響だろう。これが通る前に勝負を決めろ!

早めに昼食をとり、午後はもう止めて帰ろうとしていたが、昼になって風が出てきたのに気が付いた。これなら食うかも。やってみるか。

与田浦はナルキに入り、テキサスでオダの中を撃つ。と、回収中のルアーがいきなり引ったくられた。釣れてきたのはレギュラーサイズのバスだけど、回収中のテキサスを引ったくるなんて、どれだけ活性が高いんだ。危うくロッドが飛んでくところだった。やはり、風が吹くと違うな。
続きへ  2014年の釣り一覧へ  トップへ
長島川は少し水が動いていたので、何とかなるかと思ったけれど、かろうじて1匹釣れただけだった。シェイドからネコリグで。 水路の中はギルアタリばかりだった。スピニングタックルを持ち出し、実際にギルを釣ってみる。これはこれで結構面白い。 ドライブクロー2インチの腹の部分を千切って、団子みたいな形にしてギルを釣り上げた…と思ったらバスだった。
inserted by FC2 system