2015.3.14.ハスの池

3月14日、いつもより早めに2015年が始動した。この時期、まだ霞ヶ浦水系は厳しい。春が早い野池、そうハスの池からスタートだ。
朝のハスの池。真冬のような寒々しい景色だ。春はまだか?

「春の釣りはまだ早い。早春の釣りをしなさい」。前もって神からそう言われていたので、今回はライトリグも用意して出撃。ホントはハスの池らしく、スビナベやテキサスで豪快にいきたいところだが…。

6時20分、ハスの池到着。ドーピングをし、朝食をとってから、トモと合流して釣り始める。まずはスピナーベイト、そしてテキサス、ネコへとローテーションしていく。

しかし、アタリは全く無い。浮いているバスを2匹見かけたが、ルアーを近付けると逃げて行った。そして、それ以外に生命感を感じない。約4時間、無の時が流れていく。

ついに堪えきれず、トモが電話をかけた。神に。救いを求めたのである。

すると、祈りが通じ、御神託があった。
「ダウンショットでやりなさい。オフセットフックで。針は○番、ワームは○○、リーダーは○○センチ。狙いは○○。これで釣れる」
ありがたや〜。
トモ、ゲット。太いラインを使ったヘビーフィネススタイルだ。

早速、御神託の通りの釣りをやってみる。それが出来るのも、神が前もって早春の釣りを示唆しておいてくれたのと、この冬にダウンショットをパルで鍛えたことが大きい。そして、答えはすぐに出た。

ゴン、ゴン。ぱおんのロッドにアタリが続く。最初はギルかと思っていたが、同じような所から、トモが釣り上げたのはバスだった。

続きへ 2015年の釣り一覧へ トップへ
inserted by FC2 system